ログイン | 新規登録

task.gif

毎月1冊、しょ~おんが「これは!」と感じた本を、課題本として選んでいます。

その本をお読みになり、「感想文」を2000文字程度で書いていただくのが、「今月の課題図書」というプログラムで、この中から1名の方を優秀賞として選び、その方には10,000円分のAmazon商品券か、基本編セミナーの受講券を差し上げます。エントリーするには会員登録が必要です。会員登録はここからお願いします

 

優秀賞に選ばれるためには書き方にコツがあります。エントリーしようと思っている方はお読み下さいね。

 

この感想文は、「要約」コンテストではありません。このページに書き込む方はみなさん当該書籍を読んでいるわけですから、ストーリーやコンテンツを改めて説明する必要は無いのです。どうしても引用の必要がある場合にはその部分をカギ括弧『』で囲って下さい。

また、感想について主観的な感情を表す修飾語を多用される方が見受けられますが、小学生の読書感想文ではないので、「良かった」、「感動した」、「素晴らしいと思った」のような表現を使ったら無条件で落選すると思って下さい。ここで私が期待しているのは、この本を読んで、新たに気付いたものは何か?その気付きが内なるあなたとどういう対話をして、どういう思索を得たのか、その結果(可能なら)これからの人生でその思索をどう活かそうと思ったのか、という事を文字にするという事です。

初めてエントリーされる方は過去の課題図書からご自身がお読みになったタイトルを探し、その月にどういうエントリーが多かったのか、そして受賞した人はどういうコンテンツを書いたのかをお読みになる事をオススメします。

また、投稿に際しては、メモ帳などを使って清書してから、投稿欄にコピペをして下さい。投稿欄に直打ちで書くと二重投稿の原因になりますのでご注意下さい。

最後に、毎月二桁を超える方がエントリーされるという性質から言える事は、みなさん同じような目線で、同じような内容を書いてしまうという事です(同じ本を読んでいるのですから、似たような感想を持つのは当たり前です。)しかしこれでは選ばれません。だって他の人と同じならあなたが選ばれる理由がありませんから。

どこか他の人と異なるユニークな視点があるから、そしてそれが際立っているから受賞するのです。他の人と同じような事を書いても選ばれる事はないので、エントリーする前に他の人の書いたモノを読んでから構想をまとめて下さいませ。最後に、文字制限を大幅に超える投稿は選考の対象外になりますのでご注意下さい。

それではHappy Reading!

2018年7月の課題本

7月課題図書

 

林檎の樹の下で(上)禁断の果実上陸編 アップルはいかにして日本に上陸したのか


にしました。昨日LINEでご紹介してあっという間に売り切れましたが、この本は売れてい

るので、リアル書店でも簡単に手に入るはずですし、アマゾンでもすぐに在庫されると思

います。 日本人は世界で最もアップルが好きな人種なんですが、そんなアップルという会社

が日本に上陸した時の逸話をまとめた本です。今読んだら、こんなふざけた会社が良く生き残っ

たな、としか思えないんですが、当時も今も、ベンチャーってこういうところがあるんで

すよね。 それでも当時、アップルの先進性に惚れた日本人はどうにかしてこれを日本で広めたい、

普及(布教?)したいと考えて、地獄の日々を送ったわけです。そのあたりは下巻に詳しく書か

れています。 この本は上下巻でセットで、上巻だけだと物足りなく感じるはずなので、セットで

買うことをオススメします。非常に読みやすく、ページ数も多くありませんから、誰でも気軽に

読めると思います。

 

返信するにはログインする必要があります。 ログイン »