ログイン | 新規登録

task.gif

毎月1冊、しょ~おんが「これは!」と感じた本を、課題本として選んでいます。

その本をお読みになり、「感想文」を2000文字程度で書いていただくのが、「今月の課題図書」というプログラムで、この中から1名の方を優秀賞として選び、その方には10,000円分のAmazon商品券か、基本編セミナーの受講券を差し上げます。エントリーするには会員登録が必要です。会員登録はここからお願いします

 

優秀賞に選ばれるためには書き方にコツがあります。エントリーしようと思っている方はお読み下さいね。

 

この感想文は、「要約」コンテストではありません。このページに書き込む方はみなさん当該書籍を読んでいるわけですから、ストーリーやコンテンツを改めて説明する必要は無いのです。どうしても引用の必要がある場合にはその部分をカギ括弧『』で囲って下さい。

また、感想について主観的な感情を表す修飾語を多用される方が見受けられますが、小学生の読書感想文ではないので、「良かった」、「感動した」、「素晴らしいと思った」のような表現を使ったら無条件で落選すると思って下さい。ここで私が期待しているのは、この本を読んで、新たに気付いたものは何か?その気付きが内なるあなたとどういう対話をして、どういう思索を得たのか、その結果(可能なら)これからの人生でその思索をどう活かそうと思ったのか、という事を文字にするという事です。

初めてエントリーされる方は過去の課題図書からご自身がお読みになったタイトルを探し、その月にどういうエントリーが多かったのか、そして受賞した人はどういうコンテンツを書いたのかをお読みになる事をオススメします。

また、投稿に際しては、メモ帳などを使って清書してから、投稿欄にコピペをして下さい。投稿欄に直打ちで書くと二重投稿の原因になりますのでご注意下さい。

最後に、毎月二桁を超える方がエントリーされるという性質から言える事は、みなさん同じような目線で、同じような内容を書いてしまうという事です(同じ本を読んでいるのですから、似たような感想を持つのは当たり前です。)しかしこれでは選ばれません。だって他の人と同じならあなたが選ばれる理由がありませんから。

どこか他の人と異なるユニークな視点があるから、そしてそれが際立っているから受賞するのです。他の人と同じような事を書いても選ばれる事はないので、エントリーする前に他の人の書いたモノを読んでから構想をまとめて下さいませ。最後に、文字制限を大幅に超える投稿は選考の対象外になりますのでご注意下さい。

それではHappy Reading!

2019年6月の課題本

6月課題図書

 

1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法


日本が構造的にシュリンクしていく21世紀を生き延びるために、どうしても必要なことは、

「とにかく頭を使って生きること」なんですよ。そんな頭を使うとはどういうことか、が本書を

読むと理解出来るはずです。

そして最後はこのレベルで頭を使えるようになりたいよな、そのためには何をしたら良い

のかなと思ってもらいたくてこの本を選びました。

 

私自身はこの本に書かれたことの深さに打ちのめされまして、すぐにこの著者の紙の本を

全部買いました。こういう本を読むと、自分が如何に無知で、おバカちゃんだったのかが

痛いほど分かって辛いんですが、そこから目を背けずに生きていこうと思います。

 

投稿者 ghc01447 日時
3回目の投稿になります。よろしくお願い致します。

「1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法」を読んで

著者・山口揚平の頭の柔らかさ、多方面に及ぶ知識のお披露目、未来展望には、私にとって多くの刺激となりました。固定概念で凝り固まっている頭を大きくシャッフルしてもらった気がします。
この著者に興味を持ちましたので、山口揚平氏の過去の出版物も読んでみようと思いました。

また、しょ~おん先生のメルマガやセミナーで言っておられる事と多くの点で一致していたり、類似していたりするのも驚きました。これは、つまり、成功や達成や充実な人生を送れる様になるには、ある程度、一定の法則や絶対的なお約束や決まりの様な物があるのだろうと推測されます。

この推測と言っているのは、私自身がまだまだ勉強不足で、まだまだ実践不足ゆえに自分自身に結果が出ていない為ではあるのですが、それでも、しょ~おん先生のメルマガを読み、セミナーにも参加し、推奨本を教えていただいて読んでみると、昔よりは僅かながらでも少しずつでも成長や幸福や生き甲斐が感じられる様になっていると実感しています。今度も精進して行きたいと思っております。

図解も多く、またそれが分かりやすく、イメージしやすくなっているのは、著者のプレゼンテーション能力の高さと創意工夫による産物なのでしょう。私もサラリーマンとしてビジネスの世界で色々な人と折衝・交渉をする場合、このプレゼンテーション能力が無ければ先は無いでしょう。著者のような洗練されたプレゼンテーションが出来る能力を磨く必要性を感じました。そして、その洗練された物が集約してこの様な書籍として出版される近道にもなっているのだと思います。プレゼンテーション能力が高まれば良い事ばかりだな…とも思います。

それらの能力等も全ては、この著書の根幹部分である「考え抜く事」に集約されるのでしょう。
そして考える為に雑念を取り除き、平常心を保てるように「瞑想」が必要になると言う流れも理解できました。「瞑想」は、必要不可欠な行動なのだと思います。この点はまだ未修学なので、
しょ~おん先生のセミナーに参加して習得したいと思います。これは、決してヨイショとかゴマを擦る意味で言っているのではなく、私が過去に受講した、しょ~おん先生のセミナー(金運編、コミュニケーション編)の内容から費用対効果としても得る物が多く、瞑想を教えていただけるであろう「基本編」へのセミナー参加への意思決定にもなります。

つまり、この著書を読んで、しょ~おん先生のセミナーに参加すると、予習効果として理解度も高まると思います。もちろん、セミナー後に補完的に利用する事も問題ないと思います。見事なまでに、しょ~おん先生のセミナー参加への門戸を広げてくれている最適な推奨本と言えるでしょう。

タイトルの「1日3時間だけ働く」と言う説明・内容は簡易にしていて、問題はこの時間の長さと言うよりは、効率性の追求や今の日本の企業の無駄の多さに対する改善提案でもあり、将来的に労働が無くなる日も来ると言う現実を受け入れる事が重要であり、その時代の変化に対応できない事が問題であると解いているのは理解できました。そして今からその準備や行動に移るべきだと読者に問いかけています。その一番手っ取り早い方法は「SNS」なのでしょう。自分はインフルエンサーになるほど情報や知識を持ち合わせておりませんが、まずはTwitterの「いいね」のフォルーだけでもする様にして、情報化社会に適応し、信頼を得て、仲間・横のつながりを広めて行きたいと思います。

あとはこの時代の流れ・変化に日本の政治家・政府・行政が抵抗する事なく、素直に受け入れて、対応や援助や支援や啓もう活動をしてくれるか…と思ったりもするのですが、中々、今の政治家で未来展望のある人は居ないでしょう。多くは期待はしませんが、それでも絶望や投げやりになる事なく、民衆の力、ネットの集合体の力、信頼の力で良い方法、自分の適する方向へ政治家を導ける様になれば、これこそ正しい民主主義の成果となるのでしょう。

今、副業が解禁となり、本業だけで生きて行くのが難しくなりつつありますし、この著書の内容にもあるお金の為に生きる人生が無意味になろうとしています。(中にはお金が生き甲斐の人も居るでしょうが、それが全てではない)それは、つまり個人、さらには個性が重要と言うのもこの著書で見事にその本質を見抜いています。よって、この感想文でも個性的でなければならないのですが…まだまだ勉強中であり、発展途上だと思います。これは今後も毎月、推奨本を読んで感想文を書いて、鍛えて、経験値を積んで、レベルアップを図れる様にしたいと思います。

最後の決意表明が小さくまとまってしまっているかもしれませんが、これも徐々に少しずつでも大きく育てて発展して行くであろうと期待しつつ、今回の感想文とさせていただきました。ありがとうございました。
投稿者 akiko3 日時
 「…暮らす法」ではなく“思考”法のタイトル通り、ネットで検索かけて答えを得る生活になれている身にとっては、読みながら上下左右に脳と心が揺さぶられた。
 昭和50年代、子供時代テレビばかりを見て本を読みなさい!と叱られていたっけ。一方で、子供は外で元気に遊んでいればいい、遊びから学ぶことも多いという考えも世間にはあった。読書や遊びは能動的で、自分で考える訓練だからかと思う一方、大人になるにつれ、考えず答えを効率よく探す習性に気付かされた。

 21世紀は「問いを問う力が必要」とあったが、何か新しいことを始める時に“わからないことがわからない”もどかしい状態をなんとかしたくて、調べて知識が増えて、やっと問えるようになる。普段、日常でいかに考えていないか、目に入る情報を疑うこともなく表面だけを都合よくさらっている感じ。ぼーと生きてんじゃいかんのだと覚醒された。

 就活中のセミナーである企業のトップが話された「9捨てることの大切さ」について「10言いたいことがあったら9捨てなさい。残った1がいきるから」との言葉が心に響き、折に触れ思い出していた。やはりトップになる人は違うと感心するとともに、9捨てる過程でどれだけ“考えた”かが大切だと反省した。

 アラサーの頃、物事の進め方や悩みなどの解決の糸口、人物評などの話をしている年長者の方々が“わかる”ことに対し、どうしたらそうなれるのか?と思っていた。経験値の違いかと年齢を重ねるにつれわかってきたが、ここでも“考える”深さによって差がでていたなと思った。年長者の方々は戦後だったり、高度成長期という物のない時代を、創意工夫してなんでも自分でするしかない環境で、自然と全体を見て生きてもきていたのだろう。豊かさの中での用意されたレールをのほほんと生きた自分とは地頭が違う気がした。
 
 著者の過去・現在・未来分析に感心したが、そのわかりやすい表現力にも本当に感心した。
「皆が“上場”している時代」、今の世の中こんな感じともやもやと霞のようなイメージしか浮かんでいなかったこと(そんなはかなすぎるイメージしかないことにも大して気に留めていなかった)を言葉として認識しなおすと思考力を鍛える3サイクル の思考を形にするレベルが高まり、来たる『信用主義経済』に対し自分ならどう信用を積み重ねようかと具体的に考えられる。霞のイメージだとぼんやりとしか考えられず思考停止か行動に結びつかない答えもどきしかでなかっただろう。

考えることの大切さは、“想念は物を創る”という言葉に、「利己心を小さくすれば価値を生み出せる」は“利他心”に、「すべては、らせん的に生成・発展している」は“循環の法則”に通じると思ったが、これらの言葉を大切だと認識し、どうすれば深め、自分の一部にできるかと思ってはいたが、“考える”ことのクオリティーが上がらなければ効果はでないのではないか?と訓練の必要性を強く感じた。

最後に「自分らしい生き方とは何か?」
先日、ラジオで孔子の人生訓「不惑の四十の解釈が、不惑ではなく『不或』(区切らずの意)でそれまでの成果や自分にしがみつかず、新しい領域にチャレンジすると解釈できるという説の話を聞いたが、思い返せば四十代は新しい領域に(外的要因もあり)挑戦していた。それが“知命の五十”にどう繋がっているか?繋がるのか?と不惑のままの感覚が強く、積極的に社会にでていっていない今の世界は小さいという評価しかしていなかった。だが、著書で紹介されている価値観やなにより「多層的なコミュニティー時代」という物さしでみれば、自分の生き方に自信をもち、今の自分や生活をどう深めて行こうか?広げて行こうか?という思い、それが知命にも繋がる希望を感じた。

著書で紹介されていた小説『天地明察』も読んでみよう。本の印刷の匂い、紙の感触も結構好きなのです。情報収集としての読書ではなく、アートとしての読書の時代が来るとは、いやはや著書には目から鱗な言葉が細部に散りばめられており刺激的でした。
返信するにはログインする必要があります。 ログイン »