ログイン | 新規登録

task.gif

毎月1冊、しょ~おんが「これは!」と感じた本を、課題本として選んでいます。

その本をお読みになり、「感想文」を2000文字程度で書いていただくのが、「今月の課題図書」というプログラムで、この中から1名の方を優秀賞として選び、その方には10,000円分のAmazon商品券か、基本編セミナーの受講券を差し上げます。エントリーするには会員登録が必要です。会員登録はここからお願いします

 

優秀賞に選ばれるためには書き方にコツがあります。エントリーしようと思っている方はお読み下さいね。

 

この感想文は、「要約」コンテストではありません。このページに書き込む方はみなさん当該書籍を読んでいるわけですから、ストーリーやコンテンツを改めて説明する必要は無いのです。どうしても引用の必要がある場合にはその部分をカギ括弧『』で囲って下さい。

また、感想について主観的な感情を表す修飾語を多用される方が見受けられますが、小学生の読書感想文ではないので、「良かった」、「感動した」、「素晴らしいと思った」のような表現を使ったら無条件で落選すると思って下さい。ここで私が期待しているのは、この本を読んで、新たに気付いたものは何か?その気付きが内なるあなたとどういう対話をして、どういう思索を得たのか、その結果(可能なら)これからの人生でその思索をどう活かそうと思ったのか、という事を文字にするという事です。

初めてエントリーされる方は過去の課題図書からご自身がお読みになったタイトルを探し、その月にどういうエントリーが多かったのか、そして受賞した人はどういうコンテンツを書いたのかをお読みになる事をオススメします。

また、投稿に際しては、メモ帳などを使って清書してから、投稿欄にコピペをして下さい。投稿欄に直打ちで書くと二重投稿の原因になりますのでご注意下さい。

最後に、毎月二桁を超える方がエントリーされるという性質から言える事は、みなさん同じような目線で、同じような内容を書いてしまうという事です(同じ本を読んでいるのですから、似たような感想を持つのは当たり前です。)しかしこれでは選ばれません。だって他の人と同じならあなたが選ばれる理由がありませんから。

どこか他の人と異なるユニークな視点があるから、そしてそれが際立っているから受賞するのです。他の人と同じような事を書いても選ばれる事はないので、エントリーする前に他の人の書いたモノを読んでから構想をまとめて下さいませ。最後に、文字制限を大幅に超える投稿は選考の対象外になりますのでご注意下さい。

それではHappy Reading!

2019年3月の課題本

3月課題図書

 

サラリーマン2.0 週末だけで世界一周


この本は、私の「10年後に後悔しない生き方セミナー」で解説している生き様そのものです。

あのセミナーを受講した人は、この本を読んでセミナーの内容を復習してください。v

 

この人は、タダ旅行に行っているだけで本を書けるようになって、それが切っ掛けで有名

になってしまい、たぶんもうおカネにも困らない生活をしているんだと思います。自分の

池を作るという実践例がここにありますから。

サラリーマンだから時間が自由にならないとか、好きな生き方は出来ないと考えている人

は、この本を読んで反省した方が良いですよ。要するに頭を使って行動したら、やりたい

事のほとんどは出来るんですよということが、この本を読めば分かるはずですし、それで

もまだグチャグチャ言う人は、幸せになることを諦めて不平不満を言い続けて棺桶に入っ

て下さいということになるんですよね。

 

投稿者 ghc01447 日時
今月の課題図書の感想を書きます。

初めて投稿いたします。宜しくお願い致します。
(ペンネームは GHC01447 とさせていただきます)

・タイトルが「サラリーマン2.0」との事で、
「Web2.0」の革新性をこの「週末世界旅行」となぞらえているのは
上手いタイトルの付け方だと思いました。おそらく著者ではなく
出版社によるネーミングだと思いますが、売れるタイトルだと思いました。

・実際、内容も著者が大いにWebを活用して成功している例が出ていますので
過大・誇大なタイトルとも言えませんので見事にマッチングしていると思いました。

・読む前の予想として「どうやって週末に時間を作るか」
「どうやって海外旅行のお金を貯めるのか」などのそのノウハウを紹介する
本かと思っていましたが、完全に旅行記になっているのは驚きました。
でも、読了後、それで良かったと思います。この著者の週末海外旅行を
楽しんでいる様子が素直に伝わって来て、勝手に私なりの結論的に
「時間とかお金は四の五の言わずにとにかく貯めて旅行するのが第一!」
であると読み解きました…笑
目的の為なら手段など只の通過儀礼でしかないと…笑

・旅行記の内容も面白く、著者が如何にして貴重な海外旅行の体験を少しでも
楽しめるように動くか…その行動力と臨機応変さ、必死さと純粋さが
ストレートに伝わって来ます。旅行記としても独特の味付けがされている
読書や旅行の初心者向けの優しい読み物になっていると思いました。

・色々と自分なりのルールを決めているのは偉いと思いました。
自分だけの旅行なので、ついルーズになったり、手を抜いたり出来てしまいますが
それを許さず、必死に楽しむ!と言う精神は見事であり、それを継続しているのも
見事だとしか言い様がありません。志の高さが良い旅行に繋がっているのだと思いました。

・写真も効果的に使われていますね。所謂「百聞は一見に如かず」ですよね。
やはり写真があるだけでその全貌がすぐに伝わりますね。これ以上ない証拠です。
そして今ではネットで公開も出来る時代です。写真は貴重ですね。

・香港の奇跡、コンゴ共和国の奇跡など、著者は奇跡として驚いていますが
しょーおん先生のメルマガやセミナーを知ると、奇跡は自らの力で呼び寄せる
事が出来るのであり、この著者はそれを見事に実践している実例としても
大変ためになりました。自ら成功を勝ち取っている姿は読者も気持ちいいですね。

・海外旅行では意外と飛行機の中での過ごし方が大事だと思うのですが
その点は触れていないな…と思ったら巻末でちゃんと機内だけでなく
その他のオマケネタまで用意してくれているのは、この著者の人間性や
サービス精神の豊富さが伝わります。脱帽いたします。

・サウジアラビアは、ニュース等では聞き知る国ですが、入国が困難である事は
この本を読むまで知りませんでした。そして著者はその入国のチャンスである
サッカーW杯(予選)を利用したのは、見事なアイデアであり、そしてその貴重な
チャンスをきっちりモノにしているのも驚嘆の行動力だと思いました。
今の私にはここまでの知恵と決断と行動が出来ていません。反省と改善を学びました。

・そんな楽しい旅行記中心の本ですが、意外と私の心に響いた箇所は
「著者が社畜だった時より週末海外旅行に行くようになってからの方が仕事が出来る
ようになった」との記述があった点ですね…これは私なりの分析として、
仕事とプライベートの完全な分離が出来ている事や週末海外旅行での
効率的・積極的・短期集中力などが仕事にも知らず知らずの内に
反映されているからでしょうね…勉強になりました。著者に感謝です。
(分析が間違っているかもしれませんが、私はこの解釈で納得しています…笑)

・おそらく他にもサラリーマンで週末に海外旅行へ行く人は多く居るでしょうが
ここまで徹底してやった人は居らず、そしてそれが注目されてTVに出演したり
出版したり、多くの仲間が出来たり、一般的なサラリーマンとは一線を画す存在に
なったのは著者自身も意外だったのかもしれませんが、先陣を切る者の特権でしょうね。
まさに「何事も必死に情熱をもって突き進む」「結果は後から付いて来る」」
「楽しい事をやっていたら環境が変わった」と言った見事な成功例だと思いました。

・そして普通のサラリーマンが成功した実例とそれを読書の面白さも含めて
両方を味わわせていただける、紹介していただける、しょーおん先生にも
ここに重ねて感謝申し上げます。嗚呼、もっと読書しなければ…笑
投稿者 mosmac 日時
「サラリーマン2.0週末だけで世界一周」を読んで

本書で伝えたいことは、サラリーマンでも、「考え方」「時間の使い方」「行動」を変えれば、好きなことやりたいことが実現可能だということである。
これは本文中にある『生き方には選択肢がある』という言葉に集約されている。
私達サラリーマンがよく使う、時間がない、休みがないという言い訳は、この本により一切通じなくなる。やれないのではなく、やらないのだ。
筆者は、社畜寸前のサラリーマンから週末に海外を旅行するリーマン・トラベラーになったことで、生活事態が一変する。

今回、注目したことの一つに、リーマン・トラベラーのきっかけは「たまたま」と言っても過言ではない、一人旅という点である。
筆者は、もともと海外に熱心な関心があるわけでもなく、旅行に頻繁に行っているわけでもなく、NBAのチケットがたまたま取れ、一緒に行ってくれる人もいなくて、たまたま1人でアメリカに行ったのが、後に大きな流れを作ることになる。
人生において「たまたま」とは、なんと影響力のあることだろう。私は日々、自分のやりたいことが何かを考えながらも、筆者がそうであったように、特に見つからない毎日を過ごしている。
しかしながら、この本を読んで、たまたまのきっかけから好きな事が見つかり、夢となる。そんな道が開ける可能性を感じた。要するに興味あることには躊躇せずやってみる価値がある。ということだ。やってみて、興味がなければやめればいいだけの話であり、サラリーマンという立場を逆手にとって、いろんなことに挑戦するべきだと考えた。サラリーマンは不自由ではなく、自由なのかもしれないとさえ思った。

次に、「考え方」である。
長い休みを取るのは難しいので、日本いる間をトランジットと考えるという発想は、考えた方次第でいかようにもできることを表している。
ないもの・できないことを数えるのではなく、どうやったらできるのかを考えることが必要と、よくいろんな書籍等に書かれてあるが、それを実践した例としては、とても腹落ちする発想だと感じた。考え方を変えることで、時間の使い方も変わり、より生産的に働くことが可能となり、海外旅行に頻繁に行き、休みを取得しているにもかかわらず、社内の評価はあがっている。時間は有限であり、それに気づき自分の考え方・行動次第でいかようにも変えることができるということだ。

3つめに、「希少性」である。これは、「1万時間の法則」に通じる考え方だと感じた。一つの特徴だけでなく、他の特徴を掛け合わせることで自分にしかない特徴になる。1万時間の法則を読んだときは、専門分野に精通している、英語ができる、コードがかけるなど、能力的なイメージの特徴を思い描いたため、そもそも能力のない自分には無理だと考えてしまった経緯があるが、「サラリーマン」「トラベラー」「伝える力」という枠組みが、特徴になり得るというのは、新たな発見であった。もっと大きな枠組みで考えると新たな発想が生まれるのではないかと感じた。また、筆者は現地の人の実際の生活やコミュニケーションを取り入れているのが、成功の秘訣だと感じた。きれいなところ、有名な場所だけでなく、現地の人の実際にコミュニケーションを取ることで、伝えられる情報は全く違ったものになる。話が少しそれるが、それは、先月の課題図書である「ファクトフルネス」の中で、説明されていた正しい認識にも通じることではないかと思う。統計や数値を使ったものではないが、リーマン・トラベラーもまた、正しい認識を私達に教えてくれている。これは、サウジアラビアの記事を読んで私の中で紐付いたことだが、球技場に男性トイレしかない、サウジアラビアは旅行者を受け入れていない、日本に友好的である。など、現地で会って見てきた人にしか発信できないことであり、学者やメディアではなく、気軽に触れることができる認識の更新であり、それが希少性にもつながっていると考えられる。

最後に、「幸せの規模感」で自分の規模を考えたとき、それは10人でした。身近にいる人に幸せになってもらいたいと考えている自分が見えて、以上の事を踏まえた上で、少し違う目線から自分を見つめ直してみようと思いました。

この本に出会う機会をいただき、ありがとうございました。
投稿者 yrishida41 日時
『サラリーマン2.0』を読んで感じたこと・思ったこと・考えたこと

 リーマントラベラー 東松寛文氏。 一瞬で目を引くキャッチーなコピー。
そして真っ青な海に飛び込むド派手な海水パンツの著者の写真。そこにサラリーマンの文字、
なんとアンバランスな表紙。 しかし、サラリーマン=型にはまった人生、真っ青な
自由の海へ飛び込む姿、なるほどサラリーマンでもやり方次第で自由をつかむことができるのだとの思いがこの表紙に凝縮されている。では、それはどんな方法なのだろう?
人生変えるのだから、そんじょそこらの普通の旅ではないはずであるとの思いから読み進める。
まず著者は、普通すぎる学生時代だったと謙遜されているが、本当にそうだったのだろうか? 
サラリーマンになるまで『旅』をする、ということに出会わなかっただけで、それまでは準備期間だったのではなかったのか? 学生の自分の事を冷静に分析しているし、
第一、高校3年生夏休み以降から図書館で勉強した“だけで”国立大学、しかも神戸大学の
経営学部に合格するとは、それこそ“普通の”我々からすると、とっても嫌味な人に見えます(笑)。
そしてあっさりと広告代理店(おそらく大手)に就職する。 
でも東松さんは、そんな普通のエリートコースには満足せず、『旅』と出会い、自分を変え、働き方を変え、人生を変えていく。。。 広告代理店に勤めるという激務の中でも自分をしっかりと持ち、冷静に自分を見つめて流されていないから、“社畜寸前” ということに気がつくことが出来たのでしょう。 本には詳しくは書かれていないが、何かモヤモヤした気持ちをずっと持っていて、何となくこのままレールに敷かれた将来予想のつく人生を歩むことを想像しながらもこのままでよいのか?を絶えず自問自答していたのだろうと思う。
そして現状打破のために、本を読んだりセミナーを受講したり、異業種交流したりして
自分のマインドセットを変えようとしていたと推測する。 だから、大好きなNBAのチケットを取ろうとし、見事にゲット出来たのでしょう。“自分は、NBAを本場で観るのだ!”という決定を行ない、強い意志を貫くことにより、自分の目標を達成することが出来た。 人生を変えるコツ、がまさにここに書かれている。しょうおん塾で教えて頂いていることと全く同じです。 人間は、一歩踏み出すとあとは、惰性で、2歩、3歩・・・トットットと
進んでしまう。 
初の海外旅行へ出発、『地球の歩き方』を忘れるとは、失礼ですが、思わず笑ってしまいました。 私自身、海外旅行は大好きで、『地球の歩き方』は必ず携帯していきます。 
パスポートとトラベラーズチェック?いまはクレジットカードかもしれませんが、その次に大切なものとしています。 東松さんは、それでも果敢に旅を進めていく。英語は、あまり得意ではないと言いつつも、ボディランゲ-ジとカタコトの英語を駆使して、問題を問題ではなく、楽しい出来事に切り替えて行く。ここでもかなり謙遜が入っており、大学受験で英語受検し、TOEIC575点なら、そこそこの英語レベルだと思います。 揚げ足取るのが目的ではありませんが、少し気になったものですからご容赦ください。 
初めての旅がロサンゼルスで、よほど東松さんにピタっとハマったのでしょう。
次々と『旅』を計画していき、ついに世界一周旅行まで成し遂げてしまう。
これに関する感想や感じたことは、他の読者と同じことを書いてしまいますが、
東松さんの発想力・行動力、そして体力がずば抜けています。 
サラリーマンをやりながら世界一周をする、ならば、日本に戻ったときは、トランジットだと見なそう、という発想は、普通は思いつかないだろう。コロンブスの卵のような感覚でもある。 
東松さんの発想力・行動力の基礎となるところには、人並み外れた好奇心があるからだろうと感じる。まだまだ自分の知らない世界を見てみたい、観光地ではなく、その現地に暮らしている人たちとその生活を見たい・知りたいという好奇心が、東松さんを動かしている。
ただ一つ疑問が残る。会社を辞めて、トラベラーになろうとは思わなかったのか? 
旅を始めた当時は、経済的な問題により会社をやめることは出来なかっただろう。
しかし今現在、これだけ有名になり、人生も見事に変えてしまったので、自分のために使う自由な時間を求めても良いのではないかと考えてしまうが、東松さんはまだまだサラリーマンを続けるようだ。 サラリーマンをやりながら『旅』をすることに意義があるのだろう。だから“リーマントラベラー”と称している。広告代理店の仕事をこなしているからこそ、自分の知らない世界を知り、そのギャップの大黄さに素直に感動できるのだろうか? 
東松さんには、人間、どんな環境でも想いを強く持って行動すれば夢は叶うんだよ、あなたの師が仰っていることを実践して証明したのがボクなんです、と言われたようです。
以上
投稿者 tajihiro 日時
東松寛文著「サラリーマン2.0 週末だけで世界一周」を読んで

「サラリーマン2.0 週末だけで世界一周」について、私なりに考えたことを以下にまとめてみたいと思います。
まず、一番のポイントを一言で申し上げますと、「人は、生き方において選択肢を持つことができ、例えば、サラリーマンの場合は、サラリーマン1.0(“社畜寸前”の自分らしくない生き方をするサラリーマン)からサラリーマン2.0(『「自分らしい生き方」を自分に対して証明する』(P183)サラリーマン)へ遷移(transition)させることで人生を激変させることも可能」ということです。

そして、私は、以下の3点について新たな気付きを得ました。

1. 世界には、日本にいるだけでは決して知りえないさまざまな人種、国の一面があること
2. 自身のやりたいこと、チャレンジしたいことに、自分の強みを掛け合わせることで、ライバルを減らすことができ、希少性(≒ブルーオーシャン)を作ることが可能
3. サラリーマンをしながらでも、サラリーマンを辞めずとも、ワクワク、ドキドキは可能

1. 世界には、日本にいるだけでは決して知りえないさまざまな人種、国の一面があること
以前の私は、日本以上に親切な国はほとんど存在しない、ましてや貧しい国においては絶対に存在しえないと思っておりました。実際に、私は過去にデリー(インド)や、イスタンブール(トルコ)、メキシコシティ(メキシコ)、バンコク(タイ)などへ「旅行」へ行ったことはありますが、著書にあるような施しを受けたことはなかったからです。ただし、著書によると「旅」には2種類あって、「旅」と「旅行」があり、その違いは『不確実性の有無』(P199)と述べております。私の「旅」は、いわゆる「旅行」だったために、著書にあるような人種、国の一面に触れ合うことを自ら放棄していたからかもしれません。
また、著書のキューバやイランでの出来事は、先月の課題図書「FACTFULNESS」4章の『危険でないことを恐ろしいと考えてしまう思い込み「恐怖本能」』(P129)という認知バイアスを、私からまたひとつ解いてくれるきっかけも与えてくれました。
私はこの著書を読み、例えば、日本より経済的に貧しいとされるキューバという国にも日本人にも負けないくらい、もしくは、日本人以上に親切な人がいるということが分かりましたし、イランを一つの例として、世界中の全ての女性はお洒落を楽しんでいることを知ることができました。

2. 自身のやりたいこと、チャレンジしたいことに、自分の強みを掛け合わせることで、ライバルを減らすことができ、希少性(≒ブルーオーシャン)を作ることが可能
以前の私は、自分の強みを掛け合わせることをせずに、自分の強みを純粋に上げることで自分の価値を上げようと努力してきました。一番になれずとも上位5%以内に入るような結果を出せば、もしくは、自身がそう思えるような結果を出せば、自分自身に満足できると思っておりました。しかし、実際はそうはなっておりません。私は、この著書を読み、「掛け合わせる」「希少性を作る」考え方を知り、ショックを受けました。

3. サラリーマンをしながらでも、サラリーマンを辞めずとも、ワクワク、ドキドキは可能 
 以前の私は、サラリーマンとは、大きな冒険をしたくない人間が、守りたいものを守るために自己犠牲をできる人間が、もしくは、安定や安住を求めたい人間がなると思っておりました。実際、私の周りはそういう人間も多く、自分の人生に疑問を抱かずに惰性で生きているような人間が多い気がします。しかし、はい、脱サラをしました、じゃ、脱サラしたので今日からワクワク、ドキドキできる人生を送るぞ、といって、明日からワクワク、ドキドキした人生を送ることは可能でしょうか?私の周りには脱サラをした人間も少なからずいますが、上手くいっている人間もいる一方で、そうでない人間もいます。私は、この著書を読み、サラリーマンであろうともなかろうとも、ワクワク、ドキドキは可能であり、ワクワク、ドキドキする人生を送るためには『「自分らしい生き方」を自分に対して証明する』(P183)生き方ができているかどうかがポイントであることを理解できました。
---
最後に、今回の学びを今後の仕事や人生にどのように活かしていくかをまとめます。
旅の仕方という観点でいえば、「旅行」でなく「旅」をしようと思いました。具体的には、少し後の話にはなりますが、東南アジアの某国へ行こうと計画を立てております。現在、業務が立て込んでおりますので、それが落ち着くであろう7月に照準を定め、同僚など周囲の協力を得ながら「旅」の計画を進めていきます。
自身のプライベートや人生という観点では、現在、不動産投資事業を副業として行うべく準備を進めております。私の強みは「財務経理が得意」「事業計画策定を作ることが可能」「銀行との融資折衝が可能」です。私はそれらを掛け合わせて、より希少性を明確にし、『「自分らしい生き方」を自分に対して証明する』できる人生を送り、ワクワク、ドキドキを人生で得るべく、今から本格的に行動に移します。

以上、課題図書としての思ったこと、考えたことの記載を終わります。非常に有益で価値のある本をご紹介いただきありがとうございました。
返信するにはログインする必要があります。 ログイン »