ログイン | 新規登録

task.gif

毎月1冊、しょ~おんが「これは!」と感じた本を、課題本として選んでいます。

その本をお読みになり、「感想文」を2000文字程度で書いていただくのが、「今月の課題図書」というプログラムで、この中から1名の方を優秀賞として選び、その方には10,000円分のAmazon商品券か、基本編セミナーの受講券を差し上げます。エントリーするには会員登録が必要です。会員登録はここからお願いします

 

優秀賞に選ばれるためには書き方にコツがあります。エントリーしようと思っている方はお読み下さいね。

 

この感想文は、「要約」コンテストではありません。このページに書き込む方はみなさん当該書籍を読んでいるわけですから、ストーリーやコンテンツを改めて説明する必要は無いのです。どうしても引用の必要がある場合にはその部分をカギ括弧『』で囲って下さい。

また、感想について主観的な感情を表す修飾語を多用される方が見受けられますが、小学生の読書感想文ではないので、「良かった」、「感動した」、「素晴らしいと思った」のような表現を使ったら無条件で落選すると思って下さい。ここで私が期待しているのは、この本を読んで、新たに気付いたものは何か?その気付きが内なるあなたとどういう対話をして、どういう思索を得たのか、その結果(可能なら)これからの人生でその思索をどう活かそうと思ったのか、という事を文字にするという事です。

初めてエントリーされる方は過去の課題図書からご自身がお読みになったタイトルを探し、その月にどういうエントリーが多かったのか、そして受賞した人はどういうコンテンツを書いたのかをお読みになる事をオススメします。

また、投稿に際しては、メモ帳などを使って清書してから、投稿欄にコピペをして下さい。投稿欄に直打ちで書くと二重投稿の原因になりますのでご注意下さい。

最後に、毎月二桁を超える方がエントリーされるという性質から言える事は、みなさん同じような目線で、同じような内容を書いてしまうという事です(同じ本を読んでいるのですから、似たような感想を持つのは当たり前です。)しかしこれでは選ばれません。だって他の人と同じならあなたが選ばれる理由がありませんから。

どこか他の人と異なるユニークな視点があるから、そしてそれが際立っているから受賞するのです。他の人と同じような事を書いても選ばれる事はないので、エントリーする前に他の人の書いたモノを読んでから構想をまとめて下さいませ。最後に、文字制限を大幅に超える投稿は選考の対象外になりますのでご注意下さい。

それではHappy Reading!

2018年9月の課題本

9月課題図書

 

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと


たぶん今年一番書きにくい本だと思うんですよね。例えば私なら、日本人や西洋人との違

いにフォーカスするとか、彼らの思考や文化がどういう土壌や環境で作られたのかを推測

するとか、森の民が近代化する社会(それも本書に記述があります)と接することで、ど

う変化し、そこでの葛藤みたいなものは無かったのかなという視点で読んでみると、この

本で述べられていることのインパクトを、正面から受け止められると思うんですよ。

そして今回、9月30日までに1500文字以上、2000文字以下で投稿された全員に、この本を

読み解いた読書会の音声ファイルを無料で差し上げようと思っています。ちなみに、この

読書会も、投稿された方だけにひっそりとご案内しようかと思っています。

これからはヤル気のある人、実際に行動した人にエコヒイキをするというスタンスを強め

ていく予定です。その結果、成長する人とそうでない人との差がドンドン開いていくとい

う、ホントにリアルの社会で起こっていることと同じことが起こるように、設計図を書き

換えようと思っています。

 

投稿者 jorryjorry55 日時
「ありがとうごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと」を読んで

最初の「はじめに」から考えさせられた。現代日本に住んでいると当たり前にあるものがない世界とはどんな生活なのだろう。それこそ逆カルチャーショックを感じると思うが、想像が出来ない。お互いに無理に合わせる必要もないし、共存共栄出来るのであれば、そうしていけば良いのではないだろうか。こういう世界もあって、良い部分は取り入れていけばより良い生活が出来るのでは、位に考えれば良いと思いました。

冒頭で学校の話がでてきたが、私は日本人として学校に行くのは当たり前と思っている。なぜ人は存在するのだろうか?私はなんのために生きているのだろうか?というのは思った事はあるが、何故勉強するのか、何故学校に行くのか、と思った事は無かった。普通に学校に行き、大学卒業後は当たり前のように会社に就職して今に至っています。
「数学の勉強って必要?」というのをよく聞くが、生活するのに数字を使うからもちろん必要だと思っている。正しくは「思い込んでいる」かもしれないが。買い物する時に必ずお金の計算するし、それぐらい出来なくてどうやって生活して行くの?最近のレジは優秀で、自動でお釣りの計算してくれるけど、そうじゃないでしょう、出来ない人が信じられない、とさえ思っている。
数学の必要性以外でも、税金の支払い等その他色々と今生活する上での決められたルールは当然、と思って生活しているので「懐疑主義」では無いと思う。寧ろとうに捨てた気がする。マニュアル人間と化し、与えられた事を淡々とこなす日々を過ごし、仕事振られてもそれは私のやる事ではないよね、とばかり誰かがやってくれる、とそのまま過して後で大事になる、という事が多々あります。土日もただ家の中にいて、いつの間にか時間だけが過ぎて行く。おなかが空いたと思えばいつでも気軽に食べる事が出来るし。

日本ではとにかく今の生活が当たり前、海外では原住民と言われている人たちも含め、海外は独自の文化で生活しているのが当たり前、としか思っていなかった。海外に旅行や仕事で行ったことはあるが、全て1週間程度であり1ヶ月以上の長期滞在はなく、とにかく今の日本での生活が全てで、これが当たり前。裸で生活出来ないし、トイレ無しに大便なんて出来ない。ましてや木の枝でお尻を拭くことも、犬にお尻を舐めさせる事も考えられない。全てにおいて衝撃的でした。

この本を読みながらふと思った事は、何も考えずに生きられたらどんなに楽だろう、往復3時間かけて通勤する必要もない生活はどんなに楽だろう、こころの病がない世界とはなんと魅了的だろうか、だった。私自身人間関係等で3ヶ月ほど療養休暇を取得したので、より一層強くそう思いました。
もちろん、プナンの人たちが何も考えていないわけでもないし、生きて行くためには寧ろ森の中での生活の方が大変だろう。
生きるために食べる、反省しないで生きる、欲を持たないで生きる、学校に行かないでよい生活とは一体どんな世界なのだろうか。活字として見る分には大変だな位にしか思わず、自分がそこで生活するというのは全く想像も出来ません。では、もしそういう生活が出来たとしたらどんなに楽なのだろうか。試しにそういう生活をしてみたいと思いますが、キャンプレベルで、数日だったら我慢出来ると思いますが、それ以上は一人でならいざ知らず、複数人で行ったら衝突しそうで、耐えられないのではないか、と思います。耐えたとして、果たしてどの位耐えられるか、試してみる価値はあるのかな。

もう一つ驚きだったのが、プナン人は欲がない、というか欲をなくしていること。私の周りには自己中心的な人たちが多く、欲も満載だし、他人とシェアしている姿を想像できない。
分け与えることによって、財とお金がますます集まるようになっているという事であるが、その分責任も重くなる。プレッシャーというものは無いのでしょうか。全くもって想像が出来ません。私だったら、速攻で潰れそうです。

一番興味深かったのは同じプナン族であっても、東と西で考え方が異なっているため、ちょっとした環境でこうも変わるのかと。それならば、私も環境を変えれば変わる事が出来るのだろうか?勿論環境をよく選ばなければ、どちらにも転ぶと思うので、十分吟味する必要はありますが、このままだと今の環境を選びそうで怖いです。年齢的に今後のことを考える上でよい読書になったと思います。

ありがとうございました。
返信するにはログインする必要があります。 ログイン »