ログイン | 新規登録

task.gif

毎月1冊、しょ~おんが「これは!」と感じた本を、課題本として選んでいます。

その本をお読みになり、「感想文」を2000文字程度で書いていただくのが、「今月の課題図書」というプログラムで、この中から1名の方を優秀賞として選び、その方には10,000円分のAmazon商品券か、基本編セミナーの受講券を差し上げます。エントリーするには会員登録が必要です。会員登録はここからお願いします

 

優秀賞に選ばれるためには書き方にコツがあります。エントリーしようと思っている方はお読み下さいね。

 

この感想文は、「要約」コンテストではありません。このページに書き込む方はみなさん当該書籍を読んでいるわけですから、ストーリーやコンテンツを改めて説明する必要は無いのです。どうしても引用の必要がある場合にはその部分をカギ括弧『』で囲って下さい。

また、感想について主観的な感情を表す修飾語を多用される方が見受けられますが、小学生の読書感想文ではないので、「良かった」、「感動した」、「素晴らしいと思った」のような表現を使ったら無条件で落選すると思って下さい。ここで私が期待しているのは、この本を読んで、新たに気付いたものは何か?その気付きが内なるあなたとどういう対話をして、どういう思索を得たのか、その結果(可能なら)これからの人生でその思索をどう活かそうと思ったのか、という事を文字にするという事です。

初めてエントリーされる方は過去の課題図書からご自身がお読みになったタイトルを探し、その月にどういうエントリーが多かったのか、そして受賞した人はどういうコンテンツを書いたのかをお読みになる事をオススメします。

また、投稿に際しては、メモ帳などを使って清書してから、投稿欄にコピペをして下さい。投稿欄に直打ちで書くと二重投稿の原因になりますのでご注意下さい。

最後に、毎月二桁を超える方がエントリーされるという性質から言える事は、みなさん同じような目線で、同じような内容を書いてしまうという事です(同じ本を読んでいるのですから、似たような感想を持つのは当たり前です。)しかしこれでは選ばれません。だって他の人と同じならあなたが選ばれる理由がありませんから。

どこか他の人と異なるユニークな視点があるから、そしてそれが際立っているから受賞するのです。他の人と同じような事を書いても選ばれる事はないので、エントリーする前に他の人の書いたモノを読んでから構想をまとめて下さいませ。最後に、文字制限を大幅に超える投稿は選考の対象外になりますのでご注意下さい。

それではHappy Reading!

2018年4月の課題本

4月課題図書

 

人生の勝算


この本に出て来る前田さんというのは、私は全く知らなかったんですがこの経歴だけでご

飯が食べられるくらい、凄まじい生き様をしています。日本には様々な格差や目に見えな

い差別がウンザリするくらいあるのですが、そんなものは頭と身体をフル回転で使えば、

誰にでもクリア出来る程度の障害だったのだということが、この本を読むと分かります。

他人の生き様を見てこころが揺さぶられることって、最近は滅多になかったんですが、こ

の人のそれには驚かされました。本気で世界を狙いに行っている人ってみんなこうなんでし

ょうね。だから世界を狙いに行っている人同士で仲良くなれたり、コネが出来たりするん

でしょう。

 

投稿者 haipku 日時
「人生の勝算」を読んで

想像していた内容と違って驚きました。人と繋がることで得た喜び(少年時代の原体験)が成長を通じて大義に昇華していく話、しかも大義の実現に向けて「仲間」と驀進する姿が描かれています。読む前は、著者は孤独な中に生きているのかな、という想像があったのでびっくりしました。

私は「仲間」を作るということに苦手意識があるので、本の中でその部分がさらりと書かれていることに困惑もしました。まさに、その方法が知りたい、一体どうやったのか、と思いながら読み進めていました。本の最後の方に見つけたのが『強く光り輝くコンパスさえ持っていれば、どこからともなく、仲間は集まってきます』です。「仲間を作った」のではなく「仲間に成っていった」ということでしょうか。

私に仲間が出来ないのは強いコンパスを持っていないからだろうか?著者のような強烈な原体験が無い(と思っている)自分が、そんな確固とした価値観を持てるのだろうか?そもそも今の自分を形作った原体験って何だろう?

自分の原体験をあれこれ思い出してみたところ、横山光輝の漫画・三国志を呼んで主人公たち(主に蜀草創期の面々)の姿に感動したことを思い出しました。小学生の頃です。史実とは限らないようですが、大義のために私心を捨てて向かっていく姿に憧れ「公のために何かしたい」という気持ちを持ったのです。現在、仕事で行政に関わっていることは、その延長でもあります。これが自分のコンパスかもしれない。しかも、よくよく思い出してみると、その想いが仲間に共鳴した記憶がありました。

小学生のとき、クラスで焼き芋大会をするために遅くまで残って落ち葉集めをやっていたこと(あまりに心配した先生が全校放送でお前たち早く帰りなさい!と叱ってくれた)、クラス全員で参加できる大がかりな陣取り合戦をやったこと(仲間うちでオモシロイ鬼ごっこがしたいという話だったのだが、いつの間にかクラスを巻き込んだ話になってしまった)など。もちろん、自分が楽しみたいという気持ちも強かったと思うのですが、みんなにも楽しんでもらいたい、と強く思っていたのも覚えています。そして、当時の記憶の中には、何人かのクラスメイトの顔がセットで浮かんできて、侃々諤々やりあっていたことを思い出しました。「みんなのためにやろう!一人になったっていいや」。そう思って取り組んでいたとき、自分の周りに「仲間」がいたことに気づきました。

あぁ、そうか。確かに当時「やり切れる」と思っていたかもしれない。この本の前田さんと比べれば恥ずかしくなるようなスケールの小さい話ですが、この感覚が「勝算」かもしれないと、確かにそう思えました。同時に、小学生まで遡らないとそういう感覚がないというのは、ホントに情けないと感じます。

ちょうどこの春、慣れ親しんだ職場・職務を離れたところです。自分のやってきたこと/これからやるべきことについて色々と考えていたタイミングでした。この本に出会えてよかったです。自分の思いや行動と向き合うことの大切さに改めて気づかされました。「公のために何かしたい」という気持ちは今も変わっていません。それに向かって一人でも行動していくことを丁寧に続けていきたいと思います。
投稿者 aomune2711 日時
人生の勝算を読んで
投稿者aomune

 サラリーマンをしながら投資で10億稼ぎ脱サラをしてあとはのんびりと暮らして。
なんて人生のプランがたちまち壊れた。私のビジョンには世界一どころか日本一すら頭にない。金のしがらみから解放されて子、孫が不自由なく生活できるビジョンを最短で叶えるために日々生きてきた。そんなビジョンでは人生つまらないとこの本を読んで思ったことに衝撃を受けた。
 
 この世に産まれてきたのだから何か世界に影響を与えたい。しかし1人で出来ることはたかだかしれている。そんなことは数々のビジネス書を読んできたので知っていた。如何にして金を稼ぐかに焦点を当てきたが金を稼いだ後のことまでプランにできていなかった。
 
 成功するためには優れた人格の形成、猛烈な努力、人の動かし方等スキル、テクニックを行動にうつしている人は多数いるが、将来のビジョンを確信している人はそういない。だいたいがずばぬけた行動力と、沢山の人脈でずばらしい仕事のオファーをいただいたとか。
著者のいう勝算はゆるぎなくもう未来が見えている。明確なビジョンを人の3倍働いて確実に世界一になるんだと。この「人の3倍」というのは時間の概念であって著者の場合は就職してから睡眠時間が平均3時間だという。この数字も試行錯誤を繰り返し自分の体にあった睡眠時間を割り出した。Mrストイック。ぴったりのあだ名だ。
努力したら全ての人が報われる世界なんてそんな夢のような事も著者が言うと本当にできるんじゃないかと思ってしまうエピソードだ。

 読了後ある程度金を手に入れた後の事を考えるとあの金のない時が一番楽しかったな。なんて考えてしまう自分が良いように感化されていると感じ取れた。

 世界一を目指す人の思考を学びとれる最高の一冊でした。
投稿者 audreym0304 日時
感想-人生の勝算

 今回、本書を読んで初めてSHOWROOMというサービスを知った。前田氏は子供の頃にギターの演奏をしていたときも、投資銀行時代もNY時代もそして、現在も圧倒的な熱量で頑張ってきている方だと思う。ただ、他の圧倒的な熱量で頑張っているのに成果のでない人と違うのは前田氏がただ前を見て走っているだけでなく、ある時点で自分で気づくなり、人からの助言也で周囲を見回して、

他人の視点

で自らの行動を見直して、軌道修正ができることだ。
この他人の視点を自らの行動に取り入れることで行動が独善的になることはないし、周囲の人々からも賛同が得られやすいと思う。
この周囲の人々から賛同を得るというのはまさにSHOWROOMというサービスが基盤を置いていることだろうし、冷たい関係になってしまいがちなネット上やビジネスの関係に血の通った人間らしい関係をもたらすものだと思う。

たまたま本書と同時期にパウエル氏が国務長官時代に駐車場係と談笑したときの話の記事を読んだ。駐車場係は移民や最低賃金で働く人ばかりで苦労をして狭い駐車場に隙間なく車を詰め込む作業をしていた。パウエル国務長官が不思議に思ったのはどうやって、混雑した駐車場から誰の車を早く出せる場所を作業員が決めるかだった。
談笑の結果、作業員の名前を呼んだり、笑いかけたり、御礼や挨拶をする人が最低賃金で働く作業員にも優遇されていることがわかったのだ。
前田氏が投資銀行家時代にどうしても超えられないと思った宇田川氏が

「とにかく人に好かれること。秘書でも、掃除のおばちゃんでも、受付の人でも好かれなくちゃダメだ」

と言って、実際に名前を呼んだり挨拶をしているのと同じではないか。そして、宇田川氏はきっと笑顔だったのだろう。
笑顔、名前を呼んだり、挨拶をすることは莫大な費用も時間もかからないのにもかかわらず、その効果は絶大である。好きになってくれた人は必ずその人が大変で助けが必要なときには力になってくれるのだろうし、車を出しやすい駐車場所のように普段からちょっとしたエコヒイキをしてくれるんじゃないだろうか。

本書を読んでいて、一つの言葉が頭に浮かんでいた。
それが、

We are lonely but not alone.
(我々は孤独だ、だが、一人ではない)

という言葉だった。
この言葉を見たのは宇宙兄弟を読んでいたときだけど、本書を読んでいて思い浮かんだときからずっと頭から離れることはなかった。
インターネットやデバイスの発達で、大勢でいても友達といてもそれぞれスマホを眺めている人もいれば、一人でいてもへっちゃら、楽しめることも多い。孤独感からか承認欲求が大きくなっている人もいれば、ネットの匿名性を利用しての暴力に走る人もいる。SNSの中で肥大化する人間の欲望を見るのは正直しんどいが、SNSが発達してから、SHOWROOMのようなスナックのような緩やかに結び付けられたコミュニティにより簡単にアクセスできるようになったと思う。
実生活では強い孤独感を感じるような人も直接誰かと会って話をしなくてもゲームでもライブストリームでもインターネット上のコミュニティに行くことで世界中の人とつながることができるのが現代だ。
私たち人間の承認欲求は限りがない、コミュニティに属することである程度承認欲求を満たすことも可能だ。さらにそこから一歩踏み込んで、コミュニティの力を借りて自己実現を果たすことも可能になるのではないだろうか。それが前田氏の言う「頑張った人が頑張っただけの見返りをもらえる社会」なのだろう。
今後の生き方にしてもビジネスにしても、それが仮想空間でも現実社会でも、孤独感はあっても属すことのできるコミュニティがあること、そのコミュニティは属する人たちの好意や相互の協力の上に成り立っていて、自己実現が可能になるということは重要なキーワードになっていくのだと思う。

 最後に、本書で実は一番印象に残ったのは『白いパラソル』をリクエストした女性だ。
「翌週同じ時間に」という約束を覚えていたのか、いつも生活のパターンでたまたま通りかかって思い出したかは分からないけれど、大人は子供との口約束をついつい忘れがちにもかかわらず、約束を覚えていて実際に歌を聴きに寄ったということ、前田少年は非常に嬉しかったとおもう。女性も前田少年も約束を守った。約束を守ることもまた、人に好かれることだろう。人を好きになって人に好かれる人は自然と笑顔も増えて、それが人生に良い循環を巻き起こしているように思う。
 自分のコンパスがどこに向かっているのかは改めて自分自身を見直す必要があるが、本書を読んで人間は孤独だけどひとりではないこと、挨拶と笑顔の重要性、人を好きになって人に好かれること、これらは人生をあらゆる面で豊かにする要素だ。自分は実践できているだろうか、と自らに問いながら実生活でも意識をして日々の行動に取り入れていきたいと思う。
返信するにはログインする必要があります。 ログイン »