ログイン | 新規登録

task.gif

毎月1冊、しょ~おんが「これは!」と感じた本を、課題本として選んでいます。

その本をお読みになり、「何を理解し、何を考えたのか」を2000文字程度で書いていただくのが、「今月の課題図書」というプログラムで、この中から1名の方を優秀賞として選び、その方には10,000円分のAmazon商品券か、基本編セミナーの受講券を差し上げます。エントリーするには会員登録が必要です。会員登録はここからお願いします

 

優秀賞に選ばれるためには書き方にコツがあります。エントリーしようと思っている方はお読み下さいね。

 

この感想文は、「要約」コンテストではありません。このページに書き込む方はみなさん当該書籍を読んでいるわけですから、ストーリーやコンテンツを改めて説明する必要は無いのです。どうしても引用の必要がある場合にはその部分をカギ括弧『』で囲って下さい。

また、投稿で主観的な感情を表す修飾語を多用される方が見受けられますが、小学生の読書感想文ではないので、「良かった」、「感動した」、「素晴らしいと思った」のような表現を使ったら無条件で落選すると思って下さい。あなたが課題図書を読んでどう感じたのか、を書いてもらう場所ではありません。

書いて欲しいのは、本書を読んで理解したことをベースに何を考えたのかです。読書には2つのステップがありまして、一つ目は著者が伝えたいことを理解するというステップです。もう一つは、理解をした上で何を考え、自分のこれからの人生にどう活かすのかという思考です。優秀賞の選考基準は、二つ目のステップでエッジの効いた思考が出来ているかです。ですから最初の理解のステップでズレてしまうと、残念ながら優秀賞を獲ることは出来ないと思います。ご自身の理解力に自信が無い人は、他の人の投稿を熟読して内容を振り返ると良いと思います。

また投稿は本サイトに直接書くのではなく、メモ帳やワードなどに書いて体裁を整えた上で、本サイトにコピペするようにしてください。それにより誤変換の発見や、二重投稿を防ぐことが出来ます。

過去の投稿で多く見られるエラーに、指示代名詞(それ、あれなど)が適切でない、接続詞(しかし、だからなど)が文脈と一致しないがあります。このようなエラーがある文章は最後まで読まないことがありますので、投稿前にご確認下さい。

初めてエントリーされる方は過去の課題図書からご自身がお読みになったタイトルを探し、その月にどういうエントリーが多かったのか、そして受賞した人はどういうコンテンツを書いたのかをお読みになる事をオススメします。

最後に、毎月二桁を超える方がエントリーされるという性質から言える事は、みなさん同じような目線で、同じような内容を書いてしまうという事です(同じ本を読んでいるのですから、似たような感想を持つのは当たり前です。)しかしこれでは選ばれません。だって他の人と同じならあなたが選ばれる理由がありませんから。

どこか他の人と異なるユニークな視点や思考があるから、そしてそれが際立っているから受賞するのです。他の人と同じような事を書いても選ばれる事はないので、エントリーする前に他の人の書いたモノを読んでから構想をまとめて下さいませ。最後に、文字制限を大幅に超える投稿は選考の対象外になりますのでご注意下さい。

それではHappy Reading!

2019年8月の課題本

8月課題図書

 

知られざる皇室外交


例年8月は戦争関連の書籍を選ぶんですが、それなのになぜこの本が?というと、

上皇陛下こそが先の大戦によって人生の進路を大きくねじ曲げられた人だからです。

現人神といわれた昭和天皇の子供として、戦争加害者という受け止められ方をされながら、

父親の名代として世界中で慰霊の旅をすることを、生涯の事業と位置づけた人なんですよ

ね。

 

戦争加害者の直系子孫という重い十字架を、上皇陛下は真正面から受け止め、この逆境を

赤誠で乗り越え、今や世界で最も尊敬される君主になったわけです。これを陰で支えた上

皇后もまた人間離れした徳と知性がありまして、この本を読むとこの二人三脚は人類に於

ける夫婦像の理想型なんじゃないかと感じるんです。

 

ということで、戦争関連の番外編としてお楽しみください。Happy Reading!

 

投稿者 ghc01447 日時
5回目の投稿になります。よろしくお願い致します。

「知られざる皇室外交」を読んで

・天皇の国事行為なので、外交の言葉が適切でないのは著者もこの本の中で書いておりますが、それでもあえて外交の言葉を使い、この本を上梓した意味は読者として深く受け止めないといけない…と読了して理解出来ました。

・世界的には、まだまだ第二次世界大戦での戦争責任や贖罪を求める国や人民は多いのですね。これは日本人の一人として、忘れてはいけませんね。そして、その重い責任を天皇陛下と美智子皇后はこの本で言う外交で各国の関係改善に一つ一つ丁寧に努めている事が伝わり、改めて敬愛の念を抱かずにはおれません。
 本来、仮に昭和天皇に戦争責任があったとしても、その子にあたる明仁天皇に責任は及ばないのですが、自分の責任だと思って、その外交として務めているお姿に相反して、責任転嫁ばかりするどこかの政治家や官僚や公務員などはその厚顔無恥を猛省して欲しい所です。
 しょーおん先生のセミナーで教えていただいた「責任は自分にある」の考え方の大切さを再確認したと思います。

・そして、戦争は絶対にいけませんね。日本の一国民の私としては、この天皇陛下のご努力と戦争反対の意思を継続しつつ、後世・次世代に伝えて行く責務があると再認識しました。簡単に「戦争してしまえ」などと言ってしまう人には、その恐ろしさを知ってもらうべく、行動すべきだと思いました。

・そんな各国との関係性を深める上での晩餐会や午餐会の大切さも知る事が出来ました。皇室と比べるのも恐れ多い事ながら、自分自身に置き換えてみますと、真に仲の良い者とは確かに食事を共にする事がありますが、そのメンバーがこの数年間は固定化してしまっている感があります。自分の将来の為にも食事を共に出来るメンバーを増やす必要がある事を考えさせられました。

・ドンペリニヨンがこの様な晩餐会等でも出されるのは、やはり本物の一級品なのですね…一度は自分のお金で飲んでみたいと思いました…笑 一流を知る(知っておく)必要がありますね。

・料理等のおもてなしも大切ですが、相手の心に突き刺さるスピーチや所作も大切であり、それが出来るようになる為には、相手の気持ち・立場・過去・歴史的背景などを十分に知る事が大前提であり、必要最低限の礼儀でもあるのだと知り得たと思います。自分のビジネスや人脈構築にも活かして行きたいと思います。

・国賓と公賓の違いやその儀礼・マナーの違いも分かっておらず、恥ずかしい限りでしたが、勉強になりました。また、これらの行事をこなす外交官や宮内庁職員や警備の人々などの失敗の許されない仕事の大変さも知りました。私自身も仕事に対する考え方をもっとシビアにして、甘ったれた考えを捨てて職務を遂行すべきであると肝に銘じました。

・美智子皇后のお力添えもご立派すぎて平伏するのみです。ご苦労も多いと思います。それを感じさせないお姿も神々しく感じます。私ごときが遠く及びませんが、陰で努力し、苦労を見せず、不平不満を口に出さない強い人間になりたい、近づきたいと、勇気と希望をいただいた気がします。

・短歌をたくさん詠まれているのも知らず、驚きでした。その内容・句も不勉強の私ですら美しさや物悲しさを感じますね。そして日本語の持つ深みや味わいも感じられました。私自身、日々、忙しく働いているつもりでしたが、天皇陛下の激務に比べたら遊んでいるにも等しい状態で四季の移り変わりや森羅万象に無関心になっている自分が恥ずかしい限りです。会社の歯車になっている機械人間ではなく、もっと心ある人間に戻らならければ…

・本の中にあった『慰霊の非対称性』と『靖国神社』の説明は、日本の中に居る日本人にとっては盲点であり、課題・問題かもしれませんね。簡単に解決できる問題ではないですし、何より私自身が靖国神社の事を何も解っていない事が浮き彫りになりました。新たな勉強課題が増えました。

・このような世界に誇れる最高君主であり万世一系の天皇制が残っている唯一の国家を守って行くのが自分やこの国の民の役割なのだろうと、右寄りの人も左寄りの人も政治的背景も関係なく、敬って、奉って、誇って、生きて行きたいと思います。

・私は8月は日本の厄月だと思っています。だからお盆なのでしょうが…この8月の課題図書に戦争や近代日本史や皇室の事を考えさせていただける書籍をご選択いただくしょーおん先生にも重ねて感謝申し上げます。

ありがとうございました。
返信するにはログインする必要があります。 ログイン »