ログイン | 新規登録

task.gif

毎月1冊、しょ~おんが「これは!」と感じた本を、課題本として選んでいます。

その本をお読みになり、「感想文」を2000文字程度で書いていただくのが、「今月の課題図書」というプログラムで、この中から1名の方を優秀賞として選び、その方には10,000円分のAmazon商品券か、基本編セミナーの受講券を差し上げます。エントリーするには会員登録が必要です。会員登録はここからお願いします

 

優秀賞に選ばれるためには書き方にコツがあります。エントリーしようと思っている方はお読み下さいね。

 

この感想文は、「要約」コンテストではありません。このページに書き込む方はみなさん当該書籍を読んでいるわけですから、ストーリーやコンテンツを改めて説明する必要は無いのです。どうしても引用の必要がある場合にはその部分をカギ括弧『』で囲って下さい。

また、感想について主観的な感情を表す修飾語を多用される方が見受けられますが、小学生の読書感想文ではないので、「良かった」、「感動した」、「素晴らしいと思った」のような表現を使ったら無条件で落選すると思って下さい。ここで私が期待しているのは、この本を読んで、新たに気付いたものは何か?その気付きが内なるあなたとどういう対話をして、どういう思索を得たのか、その結果(可能なら)これからの人生でその思索をどう活かそうと思ったのか、という事を文字にするという事です。

初めてエントリーされる方は過去の課題図書からご自身がお読みになったタイトルを探し、その月にどういうエントリーが多かったのか、そして受賞した人はどういうコンテンツを書いたのかをお読みになる事をオススメします。

また、投稿に際しては、メモ帳などを使って清書してから、投稿欄にコピペをして下さい。投稿欄に直打ちで書くと二重投稿の原因になりますのでご注意下さい。

最後に、毎月二桁を超える方がエントリーされるという性質から言える事は、みなさん同じような目線で、同じような内容を書いてしまうという事です(同じ本を読んでいるのですから、似たような感想を持つのは当たり前です。)しかしこれでは選ばれません。だって他の人と同じならあなたが選ばれる理由がありませんから。

どこか他の人と異なるユニークな視点があるから、そしてそれが際立っているから受賞するのです。他の人と同じような事を書いても選ばれる事はないので、エントリーする前に他の人の書いたモノを読んでから構想をまとめて下さいませ。最後に、文字制限を大幅に超える投稿は選考の対象外になりますのでご注意下さい。

それではHappy Reading!

2019年5月の課題本

5月課題図書

 

身体の聲 武術から知る古の記憶


先月が脳みそを使う話で、今月は身体を使う話です。これは先月の課題図書との対

比を意識して読むと、深く理解出来ると思います。本書を読むと、身体を使う武術もまた、

頭を使う人の方が上達するのだということが分かりますし、先月の課題図書と合わせて読

めば、その理由までもが明確に理解出来るはずです。

 

投稿者 ghc01447 日時
2回目の投稿になります。よろしくお願い致します。

・全体を通して要約すると「環境が人を造る」「どのような事からも学べる」「学びつつ自分と時代に適合する事を考え続け、変化・行動して行く」と言ったものを知り得たと思います。もちろん、こんな一言で要約できてしまうほど内容は単純ではなく、多方面の情報に圧倒されつつ、楽しく読む事が出来ました。

・著者は武闘家で失礼ながら頭より先に体が動くと言ったステレオタイプなイメージで読み進めていましたが、武術の歴史だけでなく、日本語や中国の歴史や他のスポーツやアスリートに対する探究、果ては人工知能・AIに関してまで…その幅広さと情報量の豊富さに驚きました。そして自分自身の勉強不足を痛感しました。

・また著者は生粋の日本人でありながら、ハワイ等の外国生活での経験から、日本人が常識と考えている事を、そうではないと言う実例を多く挙げていただき、日本人の感性を持っている人による外国の常識等の紹介は、日本でしか生活していない自分にとっては分かりやすく、距離感を感じずに読む事が出来ました。

・個々の内容としましては、まず、最初の章の見開きの米俵5俵=300kgを背負う女性の写真はインパクトがありました。これは、しょーおん先生の大阪セミナーでも簡単なご説明がありましたが、事実なんですよね…自分を含めた現代人の勝手な常識や身体観の弱さを再認識させられました。

・しかし、現代人は便利な車や電車やパソコンやスマホを当たり前のように使う時代になり、身体観がより一層、感じられなくなっている事実は、誰もが認識する所ですが、それを悲観する事なく、時代に合わせて適応しつつ、「蹲踞」や「五体投地」などの説明があり、やる気のある人には役立つヒントを与えてくれているのはありがたい事だと思いました。

・日本人の常識と思っている「時間厳守」や「型にはめた教育方法」などが、そうではないのだと、著者の体験談も含めて説明があり、常識は常識にあらず、もっと視野を広げる必要があり、TPOに合わせた人間関係や指導方法があるのだと教えられました。偉そうにしているだけの指導者には耳の痛い話かもしれません。

・體、軆、軀、骵、躰、体、と言う「からだ」と言う漢字の種類、その文字の豊富さは日本語の豊かさでもありますが、今では「体」ぐらいしか常用しません。こんな所でも現代の効率化や省力化の結果の現れだと思い知らされますが、この漢字の成り立ち等の具体的な説明は本著ではありませんでした。さすがにそこまで求めるのは贅沢な話であり、それが知りたいのなら、また別の本を探せば良いのですから、更に知識欲を刺激してくれます。つまり、1つの書籍から次なる書籍を求める原動力になるのも面白いと思いました。

・映画「マトリックス」を例にしてバーチャル感覚に対する説明があったのは、分かりやすく、読者に対するサービス精神も感じました。しかし、登場人物の個々の台詞までは私は覚えておらず、その点ではちょっと入り込み過ぎていて伝わらない物がありました。残念ではありますが、これもまた自分の勉強不足なのだと思うと次なる勉強課題として記憶に残る物となりました。

・「右顧左眄」と言う言葉は何となく知っていましたが、詳細は知らず、また「左顧右眄」と言う言葉があるのは知らず、更にこの似ているけど言葉の成り立ちが全く違うと言うお話も大変ためになりました。

・そして、あやしい系?の入口である「気」の話も著者ならではの体験・経験談と自己解釈は、これも私にはまだまだ理解度は低く、腹に落ちない状況にありますが、しょーおん先生のメルマガやセミナー、および推奨書籍などからも気の話は、ある意味、必然の内容であり、これを知らずして次なるステップには進めないであろう事が再認識できました。自分の凝り固まった常識を切り崩して多くの物を掴み得たいと思いました。

・「魂」と「魄」の違い、その意味についても説明があり、この考え方および「魄」の文字すらも知らない人間でしたので、新たな知識を得れた事、ちょっと賢くなった事が嬉しく思います。

・心と体、主観と客観、西洋と東洋、型と自由、自然と人工、伝統の継承と革新、成功と失敗、見えているけど見えていない、などなど、対になる、相反する様な物であっても、それは完全に乖離しているものではなく、なおかつ完全に反対になっているものでもなく、その境界の無さ、曖昧さ、でもまた漠然とした物でもなく…と、ちょっと禅問答の様でもあり、かなり感覚的な物なのかもしれませんが、それを理解したり理解すべく生きて行くのが人生なのだと、まだまだ何も分かってない自分ではありますが、人生を豊かにする目標や指針が少しは見えた気がします。おそらく私自身が書店に行ってもこの本を手にする事は無かったと思いますが、しょーおん先生のご紹介でこの本を読了できた事が嬉しく思います。著者としょーおん先生にお礼申し上げます。
返信するにはログインする必要があります。 ログイン »