ログイン | 新規登録

task.gif

毎月1冊、しょ~おんが「これは!」と感じた本を、課題本として選んでいます。

その本をお読みになり、「何を理解し、何を考えたのか」を2000文字程度で書いていただくのが、「今月の課題図書」というプログラムで、この中から1名の方を優秀賞として選び、その方には10,000円分のAmazon商品券を差し上げます。エントリーするには会員登録が必要です。会員登録はここからお願いします

 

優秀賞に選ばれるためには書き方にコツがあります。エントリーしようと思っている方はお読み下さいね。

 

この感想文は、「要約」コンテストではありません。このページに書き込む方はみなさん当該書籍を読んでいるわけですから、ストーリーやコンテンツを改めて説明する必要は無いのです。どうしても引用の必要がある場合にはその部分をカギ括弧『』で囲って下さい。

また、投稿で主観的な感情を表す修飾語を多用される方が見受けられますが、小学生の読書感想文ではないので、「良かった」、「感動した」、「素晴らしいと思った」のような表現を使ったら無条件で落選すると思って下さい。あなたが課題図書を読んでどう感じたのか、を書いてもらう場所ではありません。

書いて欲しいのは、本書を読んで理解したことをベースに何を考えたのかです。読書には2つのステップがありまして、一つ目は著者が伝えたいことを理解するというステップです。もう一つは、理解をした上で何を考え、自分のこれからの人生にどう活かすのかという思考です。優秀賞の選考基準は、二つ目のステップでエッジの効いた思考が出来ているかです。ですから最初の理解のステップでズレてしまうと、残念ながら優秀賞を獲ることは出来ないと思います。ご自身の理解力に自信が無い人は、他の人の投稿を熟読して内容を振り返ると良いと思います。

また投稿は本サイトに直接書くのではなく、メモ帳やワードなどに書いて体裁を整えた上で、本サイトにコピペするようにしてください。それにより誤変換の発見や、二重投稿を防ぐことが出来ます。

過去の投稿で多く見られるエラーに、指示代名詞(それ、あれなど)が適切でない、接続詞(しかし、だからなど)が文脈と一致しないがあります。このようなエラーがある文章は最後まで読まないことがありますので、投稿前にご確認下さい。

初めてエントリーされる方は過去の課題図書からご自身がお読みになったタイトルを探し、その月にどういうエントリーが多かったのか、そして受賞した人はどういうコンテンツを書いたのかをお読みになる事をオススメします。

最後に、毎月二桁を超える方がエントリーされるという性質から言える事は、みなさん同じような目線で、同じような内容を書いてしまうという事です(同じ本を読んでいるのですから、似たような感想を持つのは当たり前です。)しかしこれでは選ばれません。だって他の人と同じならあなたが選ばれる理由がありませんから。

どこか他の人と異なるユニークな視点や思考があるから、そしてそれが際立っているから受賞するのです。他の人と同じような事を書いても選ばれる事はないので、エントリーする前に他の人の書いたモノを読んでから構想をまとめて下さいませ。最後に、文字制限を大幅に超える投稿は選考の対象外になりますのでご注意下さい。

それではHappy Reading!

2020年9月の課題本

9月課題図書

 

銀河鉄道の父


これは2年半以上前に読んだ本ですが、課題図書にしていなかったので、今回取り上げ

ました。宮沢賢治の父親が、賢治という息子をどう見ていたのか。これは私はかなり誤解

していました。賢治って、カネ持ちで地主の跡取り息子として生まれたのに、詩だか小説だ

か分からない物書きを目指しちゃう困った困った息子なわけですよ。それに苦々しい想い

でいたんだろうなと思っていたんですが、これが見事に裏切られました。あの親爺愛は

かなり異常です。あの当時、子供にこういう向き合い方をした人ってそんなにいなかった

と思います。

 

お子さん(特に息子さん)をお持ちの方にオススメする本です。ま、直木賞を獲っている

作品ですからつまらないわけがないんですけどね。

【感想】

投稿者 kenzo2020 日時
「銀河鉄道の父」(門井慶喜 2017年9月12日第1刷発行 講談社)を読んで

理解したこと、考えたことは以下の通りである。

①子どもにとって、父親はとても大きな存在であることをあらためて知った。「……おらは、お父さんになりたかったのす」(p.268)というセリフから伺える。

私も父を、偉大であると感じている。今でも強い、怖い、近寄りたくないという気持ちがある。友人の中には、父親と仲が良く、ギャグも言い合うことができるという人がいる。私にとっては信じられない。しかし、羨ましい気持ちはある。そのため、私の小学生の息子に、たまにギャグを言うことがある。ただ根本的には、私の父がそうであったように、政次郎のような父の尊厳を示せる父親になりたい。

②家族の中で、大黒柱という父親の役目を知った。一家を守り抜く姿勢が伝わってきた。政次郎がトシや賢治の遺言を聞く場面では、どんなにつらい時にもやらなければならないことを率先した。
私の家族は共働きのため、正直なところ私は大黒柱という気持ちは薄い。父親として、強い気持ちを持つこと、どんな時にも動揺しない心をもつようになりたい。

③賢治の人となりをつかむことができた。1つのことをとことんやり続ける集中力は並大抵ではない。石を集めたこと、文章を一気に書き上げたことなどがその例である。

ただ、その集中力も裏目に出てきてしまったときもあったのだろう。賢治が会社で仕事が遅かったのは、一つのことを気にしすぎるあまり、なかなか次の仕事に進まなかったのではないだろうか。

④当時は、家庭の事情から学問の道を諦めざるを得ない場合があることを理解した。

父から、昔は大学はおろか、高校にも満足に進学できなかったと聞いたことがあった。農家の手伝いをせよということだった。調べたところ、賢治の時代、中学を卒業するのは10人に一人か二人。高等学校を卒業するのは、ほんの一握りのようだ。今は、二人に一人が大学に行く時代。私は大学を卒業し、就職してお金を得ている。平凡に思えたが、特別なことだと気づいた。親に感謝するとともに、日々の仕事を大切にしていきたい。

⑤父親が子を思う、無上の愛を知ることができた。賢治が子どもの時、こんにゃくを使って看病したこと。それから、「あまったれるな」(p.376)と頬をたたいて、成長を促すものの、「わるかった」(p.378)と頬をなででやったことにそのことが表れている。

私の息子も、小さい時は高熱を出し、救急病院によく連れて行った。おでこにのせたタオルを冷やしてやったり、座薬をいれたりしたが、一日中ずっとつきっきりで看病ということはなかった。薬を飲んでいれば安心だろうという気持ちもあった。これからは、よりいっそう大切に育てていきたい。

⑥言葉のもつ強さを知った。トシが遺言を伝える時、政次郎とトシの間に賢治が割り込んできた。また、賢治の死の間際、イチが遺言を聞きたくないと耳をふさぎ、筆などを持ってこなかった。いずれも遺言を聞いてしまったら、死が確定してしまうと思ったからであろう。賢治はトシの遺言を妨害したにもかかわらず、自分の遺言については政次郎に伝えている。政次郎は賢治の遺言をかなえたことで、賢治をより身近に感じることとなった。賢治もトシの遺言の続きを捏造であったにせよ、文章にして表すことでトシを身近に感じることができたのであろう。

 私も亡くなった恩師の言葉を思い出すことがある。言葉を思い出すことで、その人の人柄を思い出し、もし生きていたならこう言うだろうと想像する。人は亡くなることは避けられないが、言葉は生き残るのである。これは、賢治が亡くなって、作品が注目されたことにも通じる。  

⑦避けられないものと、自分でなんとかできるものの2つがあることを理解した。避けられないものとしては、賢治が質屋の息子として生まれてきたこと、トシと賢治の病気が治らないものであったこと、出版しても売れなかったことである。自分でなんとかできるものとしては、石ころ拾い、学業、お経を唱えることなどである。この二面性は、「雨ニモマケズ」の詩の中にも現れている。前半部分に自分でなんとかできるものが示され、後半部分に避けられないものが示されている。

人生、うまく行くときと、行かない時がある。自分でコントロールできることに集中し、人からの評価にいちいち気を揉まないようにしようと考えた。

以上、本の内容は、私自身の経験と重なることが多かった。
政次郎は上座・下座を気にしなくなった。また、改宗という言葉まで出てきた。1つのことにこだわるという、賢治と似ていた部分が薄れてきた。これを成長とよぶのなら、私自身が、これからどのように成長するのか楽しみだ。また、これからも息子の成長を楽しみにしている。夜中まで議論することはないことを願う。
投稿者 BruceLee 日時
父親が息子に出来るのは「人生の選択肢を増やしてあげる事」ではなかろうか?

自分にも2人の息子がいるからか、本書は実に深く感じながら読み進める事が出来た。父親と息子の関係は微妙だ。幼い頃は自分の子供なので純粋に可愛い。が、成長するにつれ息子たちにも自我が芽生え、特に父親とは距離が生じるのは、自分が若い時に経験済だ。が、息子の将来に関心の無い父親などいないだろう。そして支援したくなるのだが、経済的支援(食費、学費、その他息子たちが成長するために必要なコスト)以外に、どこまで踏み込んで良いか戸惑うのが一般的ではなかろうか。

賢治の祖父喜助から「お前は、父でありあすぎる」と指摘を受ける程、政次郎は甘い部分がある。一方、喜助の「質屋には、学問は必要ねぇ」や「本を読むと、なまけ者になる」という当時の常識を考え直し、賢治の学問への意欲をどこまで叶えるべきか戸惑う政次郎も感じ取れる。恐らく、政次郎自身も時代の変化と後に重要となる要素を感じていたのだろう。半面、政次郎は賢治に店番をやらせ「この子は商売には向かない」と悟った。結果、教師や物書きへの支援はするが、賢治が興味を持った怪しいビジネスには一切金銭的支援はしない。

政次郎は父親であると同時に一人の社会人でもある。父親として何かに賛成/反対するのも、ある意味、賢治という青年がまだ知らない世の中の一部を人生の先輩として教えているとも言えるのではないか。一方、政次郎自身は教師や物書きについて教える事は出来ないが、賢治が経験出来るよう支援はする。それは政次郎が賢治に世の中を知る機会を与えたとも言える。話を書き、俸給を得るようになった政次郎は(ふつうの、大人になれた)と目がしらを熱くする。父親として子供が稼ぐようになったのは嬉しい事だろう。それは世間が賢治を認めたという事だからだ。負けてもペンを離さない賢治を見て(こんどこそ賢治は人生をはじめる)と政次郎は思う。この小説ではこのカッコ(  )の中に本音が表れる。政次郎は安心したのだと思う。

私自身の場合はどんな事が出来ているだろう?

長男(大学2年生)の場合
長男の大学の卒業生の就職先は民間よりも公務員が多い。長男はまだ何も決めていないようだったが、就職先の選択肢の一つとして公務員を狙うのも手だと提案してみた。私自身は長男の就職先が公務員でも民間企業でも構わないが、前者の場合は準備が必要だからだ。大学生の息子はまだ世の中を充分には知らない。知らない部分を教えるのも親として出来る事の一つだ。だが、私は公務員の仕事内容を教える事はできない。よって、仕事で知り合った経産省で勤務する人にお願いし「公務員になるには?」と題として息子とメールのやり取りをお願いした。二人をつないだ後、私はその内容に関知してないが、その後息子は興味が増したようで、来年から専門学校に通う事も考えているようだ。

次男(高校3年)の場合
次男はラグビー部に所属しているが、その保護者会の会長を担当している。会長と言っても世話役の雑務なのだが、先生や他の保護者とのやり取りは自然と次男の目に入る。そこで次男が感じる何かもあると思う。また、受験生でもある次男の塾の進路相談には私が行き、先生と話をしている。時代や手法が変わっても、受験のキモは変わってないのは長男の時に確認済だったので、他の科目の受講、必要な参考書があれば支援する、また模試はどんどん受けろと言ってある。自分のポジションを知るにはそれが一番の方法だからだ。その結果、更に頑張るのか、目標を変えるのか、は本人次第だ。私は勉強は教えられないが、
情報を入手した上でのアドバイスや支援は出来る。

父親の出来る事なんて位だろう。私は息子たちが世に出る時、選択肢を増やしてあげたい。勿論、最終的な選択は息子たちがすれば良い。だが。。。ふと、自分は何故こんな支援をするのだろう?と考えてみる。我が子だからというのもあるが、「息子たちはご先祖様から受け継いだ命」であり「しっかり育てて世に送り出す責任」が自分にはあると感じているからだ。本書の賢治や姉のトシのように、時に親より先に我が子が逝ってしまう場合もある。だから、我が息子たちは今現在、生きているのだから、精一杯支援するのが自分の仕事だと思うのだ。

本書の最後に政次郎とシゲの子供である孫たちの場面が微笑ましい。トシや賢治は亡くなってしまったが、生きている孫たちに賢治の詩を読み聞かせることはできる。そして宮沢家の血は続く。いや血だけでなく、賢治の仕事は、今では日本人で知らない人はいない功績となった。

さて、政次郎は賢治をどう評価しているだろうか?
返信するにはログインする必要があります。 ログイン »