ログイン | 新規登録

task.gif

毎月1冊、しょ~おんが「これは!」と感じた本を、課題本として選んでいます。

その本をお読みになり、「何を理解し、何を考えたのか」を2000文字程度で書いていただくのが、「今月の課題図書」というプログラムで、この中から1名の方を優秀賞として選び、その方には10,000円分のAmazon商品券を差し上げます。エントリーするには会員登録が必要です。会員登録はここからお願いします

 

優秀賞に選ばれるためには書き方にコツがあります。エントリーしようと思っている方はお読み下さいね。

 

この感想文は、「要約」コンテストではありません。このページに書き込む方はみなさん当該書籍を読んでいるわけですから、ストーリーやコンテンツを改めて説明する必要は無いのです。どうしても引用の必要がある場合にはその部分をカギ括弧『』で囲って下さい。

また、投稿で主観的な感情を表す修飾語を多用される方が見受けられますが、小学生の読書感想文ではないので、「良かった」、「感動した」、「素晴らしいと思った」のような表現を使ったら無条件で落選すると思って下さい。あなたが課題図書を読んでどう感じたのか、を書いてもらう場所ではありません。

書いて欲しいのは、本書を読んで理解したことをベースに何を考えたのかです。読書には2つのステップがありまして、一つ目は著者が伝えたいことを理解するというステップです。もう一つは、理解をした上で何を考え、自分のこれからの人生にどう活かすのかという思考です。優秀賞の選考基準は、二つ目のステップでエッジの効いた思考が出来ているかです。ですから最初の理解のステップでズレてしまうと、残念ながら優秀賞を獲ることは出来ないと思います。ご自身の理解力に自信が無い人は、他の人の投稿を熟読して内容を振り返ると良いと思います。

また投稿は本サイトに直接書くのではなく、メモ帳やワードなどに書いて体裁を整えた上で、本サイトにコピペするようにしてください。それにより誤変換の発見や、二重投稿を防ぐことが出来ます。

過去の投稿で多く見られるエラーに、指示代名詞(それ、あれなど)が適切でない、接続詞(しかし、だからなど)が文脈と一致しないがあります。このようなエラーがある文章は最後まで読まないことがありますので、投稿前にご確認下さい。

初めてエントリーされる方は過去の課題図書からご自身がお読みになったタイトルを探し、その月にどういうエントリーが多かったのか、そして受賞した人はどういうコンテンツを書いたのかをお読みになる事をオススメします。

最後に、毎月二桁を超える方がエントリーされるという性質から言える事は、みなさん同じような目線で、同じような内容を書いてしまうという事です(同じ本を読んでいるのですから、似たような感想を持つのは当たり前です。)しかしこれでは選ばれません。だって他の人と同じならあなたが選ばれる理由がありませんから。

どこか他の人と異なるユニークな視点や思考があるから、そしてそれが際立っているから受賞するのです。他の人と同じような事を書いても選ばれる事はないので、エントリーする前に他の人の書いたモノを読んでから構想をまとめて下さいませ。最後に、文字制限を大幅に超える投稿は選考の対象外になりますのでご注意下さい。

それではHappy Reading!

2020年3月の課題本

3月課題図書

 

武士の娘


かつての武家社会では、自分たちの子供にどういう教育、躾をしていたのかが本書で分か

るんですが、これを現代に置き換えて考えてみたら、ほとんどの人は引っ繰り返るはずな

んですよ。それくらい厳しくて、精神性が高い教育をしていたんです。

 

教育される側の子供の意識の高さといったら、現代に生きる30代のオトナだって負けてい

る人が多いと思いますよ。幼稚園とか小学校低学年で「恥ずかしい」という言葉の概念を

ここまで正しく理解できるのかと驚愕したことを覚えています。とにかく熟読玩味して、

反省することをオススメします。

【感想】

投稿者 toranosuke 日時
現代社会こそ、武士(サムライ)のように高い倫理観を持つべき理由
 

江戸時代から明治時代へと血生臭いドラマの変遷は映画などで知っていましたし、学生の頃の歴史として大体のことを知っているつもりでした。

しかし(普通一般の)藩の家老の娘さんの立場やその家族、使用人たちの人間関係や「武士の娘」としての生活や躾というのがどのようなものであったかは本書を読んで初めて知ることができました。

今回はそのことよりも、今まで歴史的疑問に思っていたことがほんの少し理解・納得出来たことを記したい。

西欧の人は武士のことをsamuraiと呼びます。この言葉は現代ではマスコミが軽々しく侍ジャパンとして使っています。

しかし、実は私たち日本人からしてもサムライという言葉には畏怖と尊敬が複雑に合わさった感情が想起されるのではないでしょうか?

生麦事件のように武士に対して軽率な行動をとるとその相手にも大きな被害を及ぼされていたことが証明されています。

またイギリスなどは、中国のようにアヘンで日本を骨抜きにしたかったのでしょうがその野望を砕いたのも武士(サムライ)だったというのが一般的な日本人の認識です。

そのような血生臭い表舞台のドラマではなく、ほとんどの一般敵藩の武士(サムライ)たちというのは、長岡藩の杉本家のように新しい時代の流れを潔く受け入れ、それぞれが苦労しながらも慣れない新しい仕事(武士という官僚から、あるものは商売、あるものは百姓、あるものは警官など)についたそうです。

そんな急激な時代の変化に会い、土地を切り売りして娘のために学校に通わせたりする様を読むと、現代にも通じる親の愛情を感じることが出来ました。

また父親が時折り参勤交代を思い出したかのように東京旅行に行く様を知って、武士が参勤交代をすることで新しいモノや文化の吸収を積極的に行っていたことを知ったことは大きいです。

日本が西欧の知識をアジアのどの国よりも先駆けて導入できたのは、武士(サムライ)が支配階級であったためだと納得できました。

武士は軍事力を背景にした行政組織を形成しながらも、商人とは違って非常に高い知識と倫理観を持たされるよう教育されてきた歴史があります。

そこが日本と諸外国の行政組織と大きな違いであり、文明開花の際には役に立ったのです。

そのために多くの武士(サムライ)が、失職(官僚を解雇されてしまう)してしまうきっかけになったのは皮肉なものです。

本書ではドラマになるような暗殺者としての武士(サムライ)ではなく、ごく一般的な上級武士の娘さんとしての視点で世の移り変わりを知ることができる点が他の時代小説物とは大きく違います。

コンピュータが普及した現代も100年に一度と言われる大きな時代変化が訪れています。

このような時代の変化が激しい時にこそ武士(サムライ)のように、高い知識と志、非常に高を持ち、併せて高い倫理観をもった生き方が求められていると考えられます。

そのような高い人間性に魅力を感じる人が今後は増えてくるはずです。

今の時代こそかつての武士(サムライ)のように、畏怖されながらも同時に尊敬される人物が求められていると考えられます。
返信するにはログインする必要があります。 ログイン »