ログイン | 新規登録

task.gif

毎月1冊、しょ~おんが「これは!」と感じた本を、課題本として選んでいます。

その本をお読みになり、「感想文」を2000文字程度で書いていただくのが、「今月の課題図書」というプログラムで、この中から1名の方を優秀賞として選び、その方には10,000円分のAmazon商品券か、基本編セミナーの受講券を差し上げます。エントリーするには会員登録が必要です。会員登録はここからお願いします

 

優秀賞に選ばれるためには書き方にコツがあります。エントリーしようと思っている方はお読み下さいね。

 

この感想文は、「要約」コンテストではありません。このページに書き込む方はみなさん当該書籍を読んでいるわけですから、ストーリーやコンテンツを改めて説明する必要は無いのです。どうしても引用の必要がある場合にはその部分をカギ括弧『』で囲って下さい。

また、感想について主観的な感情を表す修飾語を多用される方が見受けられますが、小学生の読書感想文ではないので、「良かった」、「感動した」、「素晴らしいと思った」のような表現を使ったら無条件で落選すると思って下さい。ここで私が期待しているのは、この本を読んで、新たに気付いたものは何か?その気付きが内なるあなたとどういう対話をして、どういう思索を得たのか、その結果(可能なら)これからの人生でその思索をどう活かそうと思ったのか、という事を文字にするという事です。

初めてエントリーされる方は過去の課題図書からご自身がお読みになったタイトルを探し、その月にどういうエントリーが多かったのか、そして受賞した人はどういうコンテンツを書いたのかをお読みになる事をオススメします。

また、投稿に際しては、メモ帳などを使って清書してから、投稿欄にコピペをして下さい。投稿欄に直打ちで書くと二重投稿の原因になりますのでご注意下さい。

最後に、毎月二桁を超える方がエントリーされるという性質から言える事は、みなさん同じような目線で、同じような内容を書いてしまうという事です(同じ本を読んでいるのですから、似たような感想を持つのは当たり前です。)しかしこれでは選ばれません。だって他の人と同じならあなたが選ばれる理由がありませんから。

どこか他の人と異なるユニークな視点があるから、そしてそれが際立っているから受賞するのです。他の人と同じような事を書いても選ばれる事はないので、エントリーする前に他の人の書いたモノを読んでから構想をまとめて下さいませ。最後に、文字制限を大幅に超える投稿は選考の対象外になりますのでご注意下さい。

それではHappy Reading!

2019年7月の課題本

7月課題図書

 

アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る


ネットが浸透して、リアルが衰退したと言われたのは約10年くらい前なんですが、時代は

そこからネットとリアルが融合して来たんですね。アマゾンがリアル店舗を持っている会

社をやたらと買収したり、Amazon Goをやっているのは、ネットとリアルの融合なんです。

 

ところが時代はさらに進化して、OMO(Online Merged Offline.)というオン(ネット)と

オフ(リアル)の垣根が完全に無くなって、より利便性の高い方を顧客が好きなように選

べる世界が中国では実現しつつあります。

 

このようなネットに繋がり続ける世界がどういうものなのかを、中国の実例を使って解説して

いるのがこの本なのですが、これをリアルで目の当たりにすると価値観が引っ繰り返りま

す。日本の来たるべき未来像がここには描かれているわけで、これを読んでどう考え、ど

んな準備をするかで、その人の未来は大きく変わると思いますよ。

 

投稿者 ghc01447 日時
4回目の投稿になります。よろしくお願い致します。

「アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る」を読んで

中国のデジタル社会の進歩の度合いが激しく、日本が大きく後れを取っている事を否応なく知らされた内容でした。
具体的には、レンタル自転車の成功例が載っていましたが、日本ではこの事業に失敗した
AI技術が日本より進んでいる事は聞き及んでいましたが、そのAIの活用方法も日本の実用化よりもさらに進化・発展しているのは驚異的であり、危機感すら覚えます。
「アフターデジタル」と言う分かりやすい造語で読者に対して受け入れやすい文書を用意しつつ、徐々に深い内容と今後の日本での活用・発展方法なども記載されていて、書物としての完成度も高いと思いました。

現在の日本では商品等を購入した会員情報の購買履歴を蓄積し、その情報を活かして次なる購買につなげる等の活用はしていると思いますが、行動データと言う会員自身の動きの予想やその情報を広く横展開する方法が全く出来ていない事が分かり、顧客情報を活かし切れていない、および、新たな切り口の情報収集が必然だと知る事が出来たのは将来につながるものになると思いました。
具体的には日本ではTSUTAYAのTカードが有名かつ最も普及していますが、このカードの会員の購買履歴の情報は取得していても、行動データは取得していないと思います。よって、最近ではTカードの導入を辞める企業も出て来ています。このままではTカードは過去の物となってしまうでしょう。現状維持で発展しないものは世の中から淘汰されて行く…現実の厳しさも実例として感じますし、自分自身に置き換えても現状維持のままでは時代に置いて行かれる怖さを知る事が出来ました。

また、「信用スコア」と言うのも導入されていて、見事に中国の社会では根付いているみたいで、マナー等が悪いのが中国人だと言う悪いイメージは今でもありますが、このシステムで一気に改善しているのは、素晴らしい成果になっていると思います。
ある意味、ITに振り回されているのかもしれませんが、社会が良い方向に進んでいるのであれば、成功と言えるでしょう。
この点でも日本は遅れていますが、それ故に発展性・将来性はあると思います。しかし個人情報保護にうるさい人や人権等を問題にする人も日本では多く居るでしょう。中国と全く同じ展開は出来ないかもしれませんが、日本の風土や慣習に適した発展方法はあると思います。著書にもあるマイナス面ばかりを強調せずにプラス面を伸ばす事でのビジネスチャンスを見つけて、日本の未来に明るさを持ちたいと痛切に感じます。

そして、デジタルが発展するとアナログな人と人のつながりは減ったり簡素化されるのではないかと考えるのは短絡的すぎるのもこの本から理解出来ました。
確かにSNSやツイッター等で人と人のつながりは逆に広がっているとすら言えますし、実店舗でも本来の接客はお客さんにより良いサービスを提供する事であって、単にレジで精算する事ではないのは言われてみれば当たり前なのでしょうが、今はその当たり前が出来てないので、その当たり前が出来る事が接客業で生き残る一つの解決案になっているのを知り、これは商売の原点でもあるはずなので、仕事の姿勢を見直す、考え直す為にも良い教えを得たと思います。

UX=ユーザエクスペリエンスの5段階発展の図と説明は、正直言いまして、私は第2段階でもすでに理解に難を示すレベルであり、それ以降はまだまだ理解するには程遠い状態です。これはこの本を再読しつつ、世の実例や更なる情報収集をする事によって、もっと理解が進むようにしなければいけない課題だと思いました。そして、このUXを完全に理解できるようになれば、私自身の次の時代へ対応する下準備は出来ると思います。勉強を続けたいと思います。

そして、これらの情報を実際にビジネスで成功させているアリババ社の存在感、将来性は怖さすら感じます。米国のGAFAは知らない人はいないでしょうが、中国のBATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)も知っておかないといけないでしょうね。アメリカかぶれなっている自分ですが、中国にも視野を広く持つ必要性を感じました。
日本企業も大手企業は世界規模で展開していますが、中小企業でも書籍にある「アフターデジタル」「OMO」を活かせばビジネスチャンスは大いにあると思います。ガラパゴスな日本だけで留まっていてはいけませんね。

最後に、斜陽を感じる日本国ではありますが、まだまだ成長する余地が大いにある事を知れたのは嬉しい限りです。私も発展に貢献できる人物・人材になりたいと言う将来への希望も湧きました。やはり夢や目標のある人生は面白いです。
私は人生の折り返し地点を完全に過ぎている年齢ですが、将来に希望が持てるのは幸せです。本当に毎回、良い書籍を紹介していただきまして、深く感謝申し上げます。
返信するにはログインする必要があります。 ログイン »