ログイン | 新規登録

task.gif

毎月1冊、しょ~おんが「これは!」と感じた本を、課題本として選んでいます。

その本をお読みになり、「感想文」を2000文字程度で書いていただくのが、「今月の課題図書」というプログラムで、この中から1名の方を優秀賞として選び、その方には10,000円分のAmazon商品券か、基本編セミナーの受講券を差し上げます。エントリーするには会員登録が必要です。会員登録はここからお願いします

 

優秀賞に選ばれるためには書き方にコツがあります。エントリーしようと思っている方はお読み下さいね。

 

この感想文は、「要約」コンテストではありません。このページに書き込む方はみなさん当該書籍を読んでいるわけですから、ストーリーやコンテンツを改めて説明する必要は無いのです。どうしても引用の必要がある場合にはその部分をカギ括弧『』で囲って下さい。

また、感想について主観的な感情を表す修飾語を多用される方が見受けられますが、小学生の読書感想文ではないので、「良かった」、「感動した」、「素晴らしいと思った」のような表現を使ったら無条件で落選すると思って下さい。ここで私が期待しているのは、この本を読んで、新たに気付いたものは何か?その気付きが内なるあなたとどういう対話をして、どういう思索を得たのか、その結果(可能なら)これからの人生でその思索をどう活かそうと思ったのか、という事を文字にするという事です。

初めてエントリーされる方は過去の課題図書からご自身がお読みになったタイトルを探し、その月にどういうエントリーが多かったのか、そして受賞した人はどういうコンテンツを書いたのかをお読みになる事をオススメします。

また、投稿に際しては、メモ帳などを使って清書してから、投稿欄にコピペをして下さい。投稿欄に直打ちで書くと二重投稿の原因になりますのでご注意下さい。

最後に、毎月二桁を超える方がエントリーされるという性質から言える事は、みなさん同じような目線で、同じような内容を書いてしまうという事です(同じ本を読んでいるのですから、似たような感想を持つのは当たり前です。)しかしこれでは選ばれません。だって他の人と同じならあなたが選ばれる理由がありませんから。

どこか他の人と異なるユニークな視点があるから、そしてそれが際立っているから受賞するのです。他の人と同じような事を書いても選ばれる事はないので、エントリーする前に他の人の書いたモノを読んでから構想をまとめて下さいませ。最後に、文字制限を大幅に超える投稿は選考の対象外になりますのでご注意下さい。

それではHappy Reading!

2017年11月の課題本

11月課題図書

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

 

この本は今年開催した「10年後に後悔しない生き方セミナー」を受講した人、これから

受講する人は必読ですよ。国が違って、社会制度も異なっているのに、老後という概念

がここまで大きく変化するという予測だけは同じだというのが、非常に不気味で、ここ
に書かれたことが現実になったら、我々は本当に100歳まで死ねないようになるんですね。

あのね、ここは「死なない」ではなくて、「死ねない」ですから。

人類の歴史を順を追って検証すると、時代と共に病気や暴力は減少して、食べ物は豊かに
なってその結果、人類の体格はドンドン大きくなっているんですね。そしてこれが今度は
寿命という物差しに利いてくる、そんな時代が到来したということです。

この時に、どう老後を楽しく、健康的で、健全に、不自由を減らして生きるかという大き
なテーマを、他人任せにしたり、政府に委ねたり、ましてや無為無策で天に全てを預ける
ようなことをしていたら、気絶するくらい厳しい老後を送らなきゃならなくなると思うん
ですよね。

そんな誰にも必ず訪れる老後を考える切っ掛けにして欲しいですし、自分なりの設計図を
描いて欲しいと強く思うわけです。

投稿者 masa3843 日時
100年時代を生き抜くためには、様々な準備が必要になるのだと思う。著者は、マルチステージを生き抜くために、多様な資産への投資の必要性を説く。1998年生まれのジェーンが、生涯を通じて必要な生活資金を得るためには、80代まで働くことが必要だ。80代まで働かなければならないと悲観的に見ることもできる。ただ一方で、多様な資産にできる限りの投資をしながら、80代まで働くことができれば、満足に生活していくことができるという見方もできる。
 これからは、AIがあらゆる生活のシーンに入り込む。量子コンピュータが開発され、汎用化が実現すれば、AI化は我々の予想を遥かに上回るスピードで進むかもしれない。そうなれば、人間が行う仕事は不要になる。人間の仕事がAIに代替され駆逐されることに加えて、この世界に存在する広義の「仕事」の生産性が爆発的に高まり、人間が行うべき「仕事」がなくなることになる。そうなれば、BI(Basic Income)も現実的なものとなり、働きたくても働けない時代が到来すうる可能性がある。最低限の保障だけで生きていくことが義務付けられ、働くことでそれ以上の収入を得ることが許されなくなるのである。働くことは、人間にしか生み出せない唯一無二の価値を創ることができる、わずかな限られた人間にだけ許される特権になるかもしれない。そんな時代になれば、働かなければ「ならない」不幸を嘆くのではなく、働くことが「できる」幸福を喜ぶことになる。
 そんな時代が到来した時、我々が広義の「仕事」を続けていくために必要な仕組みは何であろうか。「仕事」とは価値提供である。自分以外の誰かに、何かしらの便益を提供することに他ならない。私は、日常に発生する小さな「仕事」の価値を、可視化することができれば、人は働き続けることができると考える。それがやりがいであり、生きがいだと思う。毎日の皿洗いでも、近所の掃除でも、隣の子どもと遊ぶことでもいい。狭義の仕事がAIに占拠され、人間の入り込む隙間がないのであれば、「仕事」を再定義し、数値化することで見える化ができれば、人は働き続けることができると思う。
 私は、そのための鍵になるものが、ブロックチェーン技術と地域通貨だと考える。今はまだ、仮想通貨と聞くと怪しい話だと思う人が多い。値動きの幅も大きく、投機的な金融商品の側面が強いように思う。ただ私は、仮想通貨が狭いコミュニティの中でのみ通用する価値判断の物差しになれば、日常のあらゆる「仕事」で客観的な価値交換が可能になると思う。日常の小さな価値交換が数値化され明確化された形で可能になれば、「仕事」へのインセンティブが生まれる。そうなれば、感謝の連鎖が作れる。そうすれば、「仕事」が「仕事」を生む好循環が回り出す。
 100年時代では、有形無形の様々な資産への投資が必要になる。そのために必要なものは、生きていく我々自身の前向きなエネルギーだ。それは、マインドであり心のありようだと思う。ただ、100年も前向きに生きられるほど人間は強くない。モチベーションを高く保ち続けるためには、日々の「快」が不可欠だ。そういった「快」を感じ続けることができる仕組みを、社会インフラとして構築できるかどうかが、これからの世界で人間が働き続けていくために必要なことだと思う。
返信するにはログインする必要があります。 ログイン »