ログイン | 新規登録

創刊号へ

前の号へひとつ前の回へ

次の回へ次の号へ


メールマガジン 第860号

■ ■ ■ 成長を目指す、若手サラリーマンの家庭教師 ■ ■ ■
    
■ ■ 「サラリーマンで年収1000万円を目指せ」 第860号 ■ ■
    
===================================================================== 
   
こんにちは、佐藤正遠(さとうしょ~おん)です。
      
このメールマガジンは、高卒、派遣社員、IT歴ほとんど無しという負け組から、
たったの6年で年収1000万を突破する勝ち組へとキャリアアップした、わたくし
佐藤正遠(さとうしょ~おん)が、その秘訣を余すところ無く伝える、「成長
を目指す若手サラリーマン」のためのメールマガジンです。
    
内容により、一つのテーマを、複数回にまたがってお知らせする事があります。
その場合には、適宜バックナンバーをご参照下さいませ。
http://archive.mag2.com/0000258149/index.html
  
このメールマガジンの内容を、より深いレベルで理解するために、「良書リス
ト」というモノを希望される方には無料で配布しております。このメールマガ
ジンの返信でリクエストして下さい。
このリストには、「人生死ぬまでには読まなきゃダメ」という本が、63タイト
ル合計で87冊リストアップされています。
過去このリストを受け取った方からは、「メチャメチャ面白い本がたくさんあ
りました!」と言うコメントをたくさん頂いているモノですので、是非リクエ
スト下さい。
(メールのやりとりの過程で入手するアドレスについては、良書リストの送付
にのみ使い、それ以外のマーケティング活動や営業活動には使用しません。)
   
=====================================================================

◆ 今日の前フリ ◆◇


今日は久々に、号外でも出してみようかと思っています。

最近購読を始めた方はご存じ無いかと思いますが、


  ● たったの2日の勉強で、みなさんの生産性がドカンとアップする


そんなスキルを教えてくれる先生がいるのですよ。

私も当然教わりましたし、その結果、メチャメチャスゴい事になっているので
す。

その先生とタイアップをして、このメールマガジンの読者さんのために、スペ
シャル企画を考えました!

しかも今回は、私も一枚咬んで、スペシャルな事をやっちゃおうって考えてい
ます。

久しぶりに、面白い事になりそうなので、楽しみにして下さい。


☆ 孤独?どこがイヤなの?

新聞やネットの記事を読んでいると、


  ■ 自殺する人の理由の多くは社会から孤立したからだ


なんて論文や分析をよく見かけます。

個人的には、この論調にものすごく違和感を感じています。


孤立つまり孤独だから人生がイヤになるの?
って事は、孤独というのはネガティブな事象なんですか?


このあたりが全く理解出来ないのですよ。

そもそも人間なんてモノは、ひとりで生まれて、ひとりで死ぬのです。
同時に生まれるケースは双子などのようなレアケースしかありませんし、同時
に死ぬなんてのは、テロや集団自決、航空機事故のようなアクシデントがあり
ますが、これまたレアケースと言っても良いんじゃないかと思うんですよ。


私は付和雷同という言葉が嫌いで、みんなが右に行くのならあえて左に行って
やろうという天の邪鬼(あまのじゃく)的考えを持っているから余計そう思う
のですが、


  ● ひとりぽっちでいても楽しめる人生


を設計すべきじゃ無いかと思うのですよ。

件の人だって、まさか1年間誰にも会わずに、山の中で暮らしているわけじゃな
いんですよね。多少なりとも他人との接触はあるわけで、その頻度が友人に比
べて少ないという状況をもって、


  ■ 俺は孤独だ~!


って叫んでいるわけです。


それに反して、友人、知人とワイワイガヤガヤ過ごすってのは、上っ面だけ見
れば楽しそうなのですが、そんな人たちがあなたの人生に責任を持ってもらえ
るか?と言えば、それは決してないのですよ。

ひとりで生まれて、自分だけが自分の人生に責任を持って、そしてひとりで死
んでゆく、それが人生であるのならば、


  ● ひとりでいるという事は、決してつまらない事でもない


んじゃ無いかと思い続けて来たんですね。

別に私は、人と話すのが嫌いでもなければ(嫌いならばセミナーなんてやりま
せん)、ワイワイガヤガヤしゃべるのが嫌いでもなければ(セミナーの二次会
を楽しんでいますし)、決してとっつきにくい人間だとは思っていないのです
が、それでも、


  ● ひとりぽっちでいる時も、同じくらい大好き


なのですよ。

なぜならば、全てを自分の思いのまま、自由にコントロールが出来るから。


他人と一緒にいるという事は、気に染まない事でも、やりたくない事でも、あ
る程度は相手を慮って譲り合わなきゃならないわけです。

それによって、知見が広がったり、思わぬ面白い経験をしたりする事もあるの
ですが、予想通りつまらない体験をする事の方が多いのですよ。

そんなモノを我慢してまで、誰かとつるむなんてのは、苦痛なのですね。


結局、自分の人生に対する責任は、自分でしか負えないのであれば、思い通り
にストレス無く動ける環境を準備しておくというのは、自己の思推を昇華させ
るためには、絶対に必要なんじゃ無いかと思うのです。


特に、若いうちには一定期間、自分という存在を見つめ直し、その結果醸し出
された一滴の思索に、自己以外の存在の影響を受けずに行動し、その結果を振
り返って見るというプロセスを経るべきだと強く思うのですよ。

別に、哲学者になれ、と言っているわけじゃありませんが、このような哲学者
的ライフスタイルの一端でも経験する事で、将来人生に深みが出てくるのでは
無いかと思うのです。


ですから、孤独や孤立を怖がらず、むしろそれをチャンスと捉える思考転換が
必要なのだと思います。


# 久しぶりに堅い話をしちゃいました。


◆ 編集後記代わりの、「今日見つけたちょっとしたサイト」◆◇
購入については自己責任でお願いします。


TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=155448&iid=1311



ま、何度も言っていますが、転職を含め、もっとも簡単に年収を上げるには、



  ● 英語をビジネスで使えるようになる事


だと思います。

外資といえども、外人とチャンとコミュニケーションが出来る人なんて、そん
なにいないのですよ。

それなりに、会話が出来るってのがマシな方で、人によっては、


  ■ 英語のメールは全部スルー


なんて人もいるのです。(笑)


今後も、英語が世界公用語になり続ける事は、疑いが無く、そしてマズイ事は、
徐々に


  ■ 英語が出来る事がアドバンテージにならなくなっている


のです。

つまり、外資のとんがった会社では、「話せる事が当たり前」になりつつあり、
だからこそ、日系に比べて高い給料を払ってくれるのでしょう。


いま20代だというのなら、何が何でも英語だけは身に付けた方が良いです。
やってみれば分かりますが、所詮言葉なんですよ。才能なんていらないのです。


誰にでも必ず出来るようになるのが、英語なんだとしっかりと認識をして励ん
で頂きたいと思います。


◎◎◎  このメールマガジンの転送・友人へのご紹介は大歓迎です。◎◎◎


┗┗┗┗┗ また、本メールマガジンの内容は著作権により保護されている事
┗┗┗┗  をご理解ください。
┗┗┗   全文転用については、許可をしていますが、出典が佐藤しょ~お
┗┗     んのメールマガジンである事を明記して下さい。また、文章の部
┗      分的引用、抜粋はお断りしております。


読者のみなさんが、宇宙で一番幸せになる事を、
こころよりお祈りいたします。
ありがとうございました。
  
ご意見、ご感想は以下メールアドレスにて、大歓迎致します。
  
  
佐藤正遠(さとうしょ~おん)

Copyright (c) Showon Office & Showon Sato All Rights Reserved.
  
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
メールマガジン「サラリーマンで年収1000万円を目指せ」
☆発行責任者:佐藤正遠(さとうしょ~おん)
☆お問い合わせ:melma@bc.iij4u.or.jp
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信中止はこちら :http://www.mag2.com/m/0000258149.html





創刊号へ

前の号へひとつ前の回へ

次の回へ次の号へ


メールマガジン 第860号