ログイン | 新規登録

創刊号へ

前の号へひとつ前の回へ

次の回へ次の号へ


メールマガジン 第853号

■ ■ ■ 成長を目指す、若手サラリーマンの家庭教師 ■ ■ ■
    
■ ■ 「サラリーマンで年収1000万円を目指せ」 第853号 ■ ■
    
===================================================================== 
   
こんにちは、佐藤正遠(さとうしょ~おん)です。
      
このメールマガジンは、高卒、派遣社員、IT歴ほとんど無しという負け組から、
たったの6年で年収1000万を突破する勝ち組へとキャリアアップした、わたくし
佐藤正遠(さとうしょ~おん)が、その秘訣を余すところ無く伝える、「成長
を目指す若手サラリーマン」のためのメールマガジンです。
    
内容により、一つのテーマを、複数回にまたがってお知らせする事があります。
その場合には、適宜バックナンバーをご参照下さいませ。
http://archive.mag2.com/0000258149/index.html
  
このメールマガジンの内容を、より深いレベルで理解するために、「良書リス
ト」というモノを希望される方には無料で配布しております。このメールマガ
ジンの返信でリクエストして下さい。
このリストには、「人生死ぬまでには読まなきゃダメ」という本が、63タイト
ル合計で87冊リストアップされています。
過去このリストを受け取った方からは、「メチャメチャ面白い本がたくさんあ
りました!」と言うコメントをたくさん頂いているモノですので、是非リクエ
スト下さい。
(メールのやりとりの過程で入手するアドレスについては、良書リストの送付
にのみ使い、それ以外のマーケティング活動や営業活動には使用しません。)
   
=====================================================================

◆ 今日の前フリ ◆◇


ちょっと前の本ですが、
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
http://www.amazon.co.jp/dp/4072352179/ref=nosim/?tag=jiateng4-22


が、なにげにお奨めです。


男女の差というのは色々なところで、色々な形で現れるものですが、本書はそ
れをキレイにまとめています。

っていうか、面白すぎ。

至る所で、「あ~、それあるある!」って叫びたくなる例が満載で、著者がじ
っくりと時間を掛けて、最も多くの読者にヒットする例を見つけ出した事を実
感出来ます。


この本のように、手を抜かずに時間を掛けて書いた本って最近はあまり無いん
ですよねぇ。


☆ やりたい事が見つかった→努力は入っているのか?

相変わらず、自分探しの旅ってヤツに多くの若者が憧れているようで。

その多くは、


  ▼ 世界中を旅したり

  ▼ ボランティア活動をやったり

  ▼ 転職をしたり

  ▼ 宗教にハマって出家をしたり・・・それは無いか


で、そんな旅の途中や、ゴールで、


  ● やりたい事がようやく見つかりました~^^


って事になるのを夢見ているようです。

ところが、これってホンマなんか?と思うのですよ。

これは一度チャンと政府に税金を使って追跡調査をして欲しいのですが、そん
な形でやりたい事が見つかった人が、10年後もそれをやり続けているのか?と
いう疑念があるのですよ。


その瞬間だけ、


  ● これがオイラのやりたい事だったんだ~


って言うのは簡単ですよ。

でも、それがやりたい事のまま、その感情が10年続いて、そして10年経っても
それを嬉々としてやっている人ってどれくらいの割合でいるんだろうか?


1年経って、


  ■ やっぱりこれじゃ無かった。もう一度旅に出よう


なんて事にならないんだろうか?

もし、1年やそこいらで、そんな風に思うのならば、実はそれは、やりたい事に
問題があったのではなくて、やり方に問題があったのではないか?と思うので
すよ。


私の人生では、やりたい事を最初に見つける、それが見つかったら行動する、
なんてプロセスは一度も経験していません。

だってそんな悠長な事を言える余裕なんてありませんでしたもん。

こういう人って、やりたい事を見つけるためだけに、旅に行ったり、ボランテ
ィア活動をしたり出来るわけですよね。

こちとら、食う事すらおぼつかず、必死でバタバタあがいていたら、いつの間
にか、こんなところで泳いでいたって感じですからね。


つまりね、「やりたい事」ってのがそんなに重要なんだろうか?
「やりたい事」を先に決めなきゃいけないんだろうか?


って事です。

そんなモノをあらかじめ見つけなくたって、


  ● やりたい事は自己鍛錬


って思えちゃったら、何をやっても、やりたい事になるんじゃないの?って思
うのですよ。


要するに、

やりたい事イコール目的
自己鍛錬イコール手段


なんですね。

で、この手段を目的にすると。

そう思っちゃったら、どんな事も目的になれちゃうんじゃないか?と思うわけ
です。


ちなみにね、


  ● 手段が目的に転化する事を趣味と呼ぶ


のですよ。

って事は、自己鍛錬が目的になっちゃえば、イコール


  ● 人生そのものが趣味になってしまう


のですね。

ハッキリ言って、こっちの方が楽に生きられる気がするんですよねぇ・・・



◆ 編集後記代わりの、「今日見つけたちょっとしたサイト」◆◇
購入については自己責任でお願いします。


【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読
にも具体的に対応する速読法

http://www.infotop.jp/click.php?aid=155448&iid=37776



どんな形でも、どんなやり方でも良いから、速読だけは身に付けた方が良いと
思っているのですが、その結果、色々な人から、


  ● どんな速読法がお奨めですか?


と聞かれるようになりました。

これに答えるのが最も難しい。


そもそも、私の言う、「速読を身に付けた方が良い」というコンテキスト(文
脈)は、


  ● 速読が必要になるくらいの分量を読まなきゃダメだ


という事で、それをやった結果、「速読の必要性」を実感し、もって、速読が
身に付くのですよ。

つまり、年に10冊程度しか読んでいない人が、


  ■ 速読が出来ればもっと本を読むのになぁ・・・


なんて考えても、速読が出来るようにはならないのですね。

これが分かっていない人が、速読を勉強して、


  ■ 全然出来るようにならなかったさ -_-


って言うわけですよ。アホかと。

速読を勉強する前に、もっと本を読めと。

年に100冊は読んでいる人じゃないと、速読なんて出来るようにならないっての
が私の持論なんですが、これはそのレベルで読んでいる人にしか理解出来ない
のかも知れません。



◎◎◎  このメールマガジンの転送・友人へのご紹介は大歓迎です。◎◎◎


┗┗┗┗┗ また、本メールマガジンの内容は著作権により保護されている事
┗┗┗┗  をご理解ください。
┗┗┗   全文転用については、許可をしていますが、出典が佐藤しょ~お
┗┗     んのメールマガジンである事を明記して下さい。また、文章の部
┗      分的引用、抜粋はお断りしております。


読者のみなさんが、宇宙で一番幸せになる事を、
こころよりお祈りいたします。
ありがとうございました。
  
ご意見、ご感想は以下メールアドレスにて、大歓迎致します。
  
  
佐藤正遠(さとうしょ~おん)

Copyright (c) Showon Office & Showon Sato All Rights Reserved.
  
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
メールマガジン「サラリーマンで年収1000万円を目指せ」
☆発行責任者:佐藤正遠(さとうしょ~おん)
☆お問い合わせ:melma@bc.iij4u.or.jp
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信中止はこちら :http://www.mag2.com/m/0000258149.html





創刊号へ

前の号へひとつ前の回へ

次の回へ次の号へ


メールマガジン 第853号