ログイン | 新規登録

創刊号へ

前の号へひとつ前の回へ

次の回へ次の号へ


メールマガジン 第813号

■ ■ ■ 成長を目指す、若手サラリーマンの家庭教師 ■ ■ ■
    
■ ■ 「サラリーマンで年収1000万円を目指せ」 第813号 ■ ■
    
===================================================================== 
   
こんにちは、佐藤正遠(さとうしょ~おん)です。
      
このメールマガジンは、高卒、派遣社員、IT歴ほとんど無しという負け組から、
たったの6年で年収1000万を突破する勝ち組へとキャリアアップした、わたくし
佐藤正遠(さとうしょ~おん)が、その秘訣を余すところ無く伝える、「成長
を目指す若手サラリーマン」のためのメールマガジンです。
    
内容により、一つのテーマを、複数回にまたがってお知らせする事があります。
その場合には、適宜バックナンバーをご参照下さいませ。
http://archive.mag2.com/0000258149/index.html
  
このメールマガジンの内容を、より深いレベルで理解するために、「良書リス
ト」というモノを希望される方には無料で配布しております。このメールマガ
ジンの返信でリクエストして下さい。
このリストには、「人生死ぬまでには読まなきゃダメ」という本が、63タイト
ル合計で87冊リストアップされています。
過去このリストを受け取った方からは、「メチャメチャ面白い本がたくさんあ
りました!」と言うコメントをたくさん頂いているモノですので、是非リクエ
スト下さい。
(メールのやりとりの過程で入手するアドレスについては、良書リストの送付
にのみ使い、それ以外のマーケティング活動や営業活動には使用しません。)
   
=====================================================================

◆ 今日の前フリ ◆◇


久しぶりにヤフオクにハマりました。
有料のIDは持っていたんですが、今まで落札したのは1回こっきり。
それから2年近く、全くオークションは見ていなかったのですが、久しぶりに燃
えました。

あれって、自分以外の誰かが最高金額を提示していると、アドレナリンが出て
くるのはなぜですかねぇ?(笑)


  ■ う~、俺が欲しいのに500円の差で~、悔しい~


って思った時には、金額を上げているんですよね(笑)

私みたいな性格の人間は、本当に欲しいモノ以外は手を出しちゃダメですね。

「何となく良さげ~」なんてレベルで、手を出しちゃうとあっという間に悲惨
な事になりそうです。



☆ 真の問題はこれ

昨日は、問題解決の前に、正しい問題が設定されているのか?を考える必要が
あるという事をお伝えしました。

でも、昨日の例だけじゃピンと来ない人もいるでしょうから、もう少し別な例
をあげてみようと思います。


マネージャーの人なら、良く言われるような事なのですが、


  ■ 売り上げが伸びないからどうにかしろ~!


って問題はどこの会社にもありますよね?

これも結構問題設定が間違っているケースがあるんですね。

問題を、「売り上げ」に縛ってしまうと、


  ▼ 新製品を出す

  ▼ 販売チャネルを広げる

  ▼ 宣伝広告を増やす

  ▼ 営業マンを増やす


なんて解決策になってしまうのですが、今のご時世、これらの手を打っても状
況が改善されない事の方が多いと思います。

そんな時には、


  ■ そもそもの問題設定が間違っていたんじゃ無いのか?


と考えるべきなのです。

つまり、


  ● 問題って、本当に売り上げなんだっけ?


と考えるという事です。

確かに、売り上げが伸びていないのは事実なのでしょう。
だからと言って、問題を売り上げに限定するのが正しいとは限らないのです。



私が経験したケースでも、同様の事がありました。


で、事象をもう一度見直したところ、


  ● 売れている本数は増えていた


事が分かったのですね。

つまり、お客様の数も、買って下さる数も、


  ● 1年前と若干だが増えていた


のですよ。

じゃ、何で売り上げが落ちているのか?

って事になりますよね。で、色々調べたら、ちょっと前に発売した新バージョ
ンの製品が、旧バージョンに比べて20%安くなっていたんですね。

おまけに、新バージョン発売に伴うキャンペーンをやっていて、さらにそこか
ら20%値引きしていたんです・・・

つまり、今まで100の値段で売っていたモノを、64で売っていたと。

その分、販売数が増えていれば、売り上げも増えるのですが、さすがに35%以上
増えないと、トータルの売り上げは増えないわけで、そこまでは売れていなか
ったという事なんです。


この瞬間に、問題は売り上げではなくなり、


  ● 如何にして、元の値段に戻せるか?


という事になったのです。

だってお客様の数も、販売数も増えているのですから、


  ● 値段を元に戻せば、自動的に売り上げは増える


のですね。


結果として、「売り上げを増やす」という命題は同じなんですが、認識する問
題が間違っていると、取るべき対応策が全く変わってくるわけです。


実はこれがコンサルティング会社がやっている事なのだと気付いたのは、


論点思考

http://www.amazon.co.jp/dp/4492556559/ref=nosim/?tag=jiateng4-22


という本を読んでからです。

著者は、ボストンコンサルのトップマネジメントなのですが、彼らはこういう
陥りがちの穴を良く知っていますね。


言われてみれば当たり前なのですが、


  ■ 言われるまでは五里霧中


というのが、普通の人だと思います。

その意味では、こういうフレームワークを理解しておくのは重要なんですね。




◆ 編集後記代わりの、「今日見つけたちょっとしたサイト」◆◇
購入については自己責任でお願いします。


25年間100を切れなかった超へっぽこゴルファーでもわずか半年で平均30もスコ
アを縮めた、最短ゴルフ上達法:DVDパーフェクトセット「ティーチングプ
ロの逆襲」

http://www.infotop.jp/click.php?aid=155448&iid=15383



しばらくの間、というか多分これから一生、手を出しちゃいけない分野がある
とすれば、それはゴルフです。

このスポーツはヤバすぎます。

昔、15年くらい前に、ちょこっとだけやったんですよ。
なんでこんなちっこいボールをコントロール出来ないんだ?って感じて結構練
習しました。当時、派遣社員、年収はバイトを4つ掛け持ちで500万くらいです。


結果、あっという間にお金が無くなりました。(泣)

だって、ちょこっと打ちっ放しに行っただけで、軽く5000円が無くなっちゃう
んだもん・・・


それに比べて、アメリカはさすがに安かった。

打ちっ放し(ドライビングレンジって言うんですがね)で、10ドルも出せば手
にマメが出来るくらい打てましたし、セルフカートのゴルフ場なら1ラウンド
10ドル以下のところがたくさんありましたから。

そんなモノを体験しちゃったら、日本でゴルフなんて出来ませんよ。

おまけに、このスポーツってとにかく時間を取られるんですね。
ゴルフ場に行くのだって、車で1時間じゃ行けませんから。
ラウンドしてシャワーを浴びて、メシを食って・・・
完全に1日仕事ですね。

って事で、サラリーマンをやっている間はゴルフはやらんと決めたんですが、
それはそれでお付き合いに支障が出ています。


何かを得るには、何かを捨てなきゃならないんだから仕方ありません。

でも、ゴルフを選択した人は、これは絶対に上手くならなきゃダメです。
一番マズイのは、中途半端にやる事なんですね。
やるならとことん、シングルになるくらいハマらないとダメです。

そんな人には、こういう教材が役に立つのかも知れません。




◎◎◎  このメールマガジンの転送・友人へのご紹介は大歓迎です。◎◎◎


┗┗┗┗┗ また、本メールマガジンの内容は著作権により保護されている事
┗┗┗┗  をご理解ください。
┗┗┗   全文転用については、許可をしていますが、出典が佐藤しょ~お
┗┗     んのメールマガジンである事を明記して下さい。また、文章の部
┗      分的引用、抜粋はお断りしております。



Copyright (c) Showon Office & Showon Sato All Rights Reserved.
  
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
メールマガジン「サラリーマンで年収1000万円を目指せ」
☆発行責任者:佐藤正遠(さとうしょ~おん)
☆お問い合わせ:melma@bc.iij4u.or.jp
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信中止はこちら :http://www.mag2.com/m/0000258149.html





創刊号へ

前の号へひとつ前の回へ

次の回へ次の号へ


メールマガジン 第813号