ログイン | 新規登録

創刊号へ

前の号へひとつ前の回へ

次の回へ次の号へ


メールマガジン 第786号

■ ■ ■ 成長を目指す、若手サラリーマンの家庭教師 ■ ■ ■
    
■ ■ 「サラリーマンで年収1000万円を目指せ」 第786号 ■ ■
    
===================================================================== 
   
こんにちは、佐藤正遠(さとうしょ~おん)です。
      
このメールマガジンは、高卒、派遣社員、IT歴ほとんど無しという負け組から、
たったの6年で年収1000万を突破する勝ち組へとキャリアアップした、わたくし
佐藤正遠(さとうしょ~おん)が、その秘訣を余すところ無く伝える、「成長
を目指す若手サラリーマン」のためのメールマガジンです。
    
内容により、一つのテーマを、複数回にまたがってお知らせする事があります。
その場合には、適宜バックナンバーをご参照下さいませ。
http://archive.mag2.com/0000258149/index.html
  
このメールマガジンの内容を、より深いレベルで理解するために、「良書リス
ト」というモノを希望される方には無料で配布しております。このメールマガ
ジンの返信でリクエストして下さい。
このリストには、「人生死ぬまでには読まなきゃダメ」という本が、63タイト
ル合計で87冊リストアップされています。
過去このリストを受け取った方からは、「メチャメチャ面白い本がたくさんあ
りました!」と言うコメントをたくさん頂いているモノですので、是非リクエ
スト下さい。
(メールのやりとりの過程で入手するアドレスについては、良書リストの送付
にのみ使い、それ以外のマーケティング活動や営業活動には使用しません。)
   
=====================================================================

◆ 今日の前フリ ◆◇

ヒエェ~、上には上がいたもんだ。


中卒の組立工、NYの億万長者になる。

http://www.amazon.co.jp/dp/4048850466/ref=nosim/?tag=jiateng4-22


タイトルだけで脱帽です。

でもって、中身はさらに脱帽です。

成功するかどうかという事に関して、学歴なんて関係ないんですねぇ。
本人の意思と、努力そしてほんのちょっとの運を引っ張り出せる人格があれば、
厳しい異国の地でも、億万長者になれるのですね。

私なんか、偉そうにメールマガジンを書いている場合じゃ無いなぁと。
もっとこの大根田さん(著者です)の爪の垢でも煎じて飲まねばと痛感したわ
けです。


☆ 悔しくなければ、真剣じゃないって事さ

私は実は勝負事が好きです。囲碁は出来ないけど、


  ▼ 将棋や

  ▼ 麻雀

  ▼ カードゲームやボードゲーム

  ▼ 株取引

さらには、


  ▼ 競馬、競輪、パチンコ、パチスロまで

(最近は意図的にやっていませんがね)


ハッキリ言って、仕事もそんな勝負事の一つだと思っています。

私のとっての勝負事の定義は、


  ● 自分がその瞬間、全力を傾けて取り組めるモノで、競争出来るモノす
    べて


なんですね。


ギャンブルはこれに金品が賭けられるわけですが、その理由も、


  ● 自分を真剣にさせるための環境作り


という意味では、肯定派です。


お金を賭けて負ければ、そりゃ悔しいわけですよ。
しかも将棋のように、運の要素が完全に排除されたゲームの場合、負けるとい
う事は、


  ● お前がヘボだからだよ~


って事を自らが認めることになるわけですからね。

ウキ~ってくらい、悔しくなるわけです。


最近、私がギャンブルをやらなくなったのも、実はこのあたりにあるんですね。


どういうことかというと、私のレベルで仕事をすると、


  ● 仕事で、ギャンブル以上に悔しい思いも、うれしい思いも体験出来る
    から


なんですね。

で、ギャンブルに嵌っていた時というのは、実は仕事でそこまでの感情移入は
なかったわけです。

出来なくても(成果が出せなくても)悔しくないし、出来ても(成果が出せて
も)そこまでうれしく無かったわけです。


そんな鬱屈した思いを解消させるために、ギャンブルに嵌っていたというのが
正しい見方なのだと思います。


つまり何が言いたいのかというと、仕事に於いてもギャンブルと同じく、


  ● 負けたら(目標を達成出来なかったら)同じレベルで悔しがらないと
    いけない


のですよ。
悔しがるに足るだけの努力をしなければ、悔し涙なんて出て来ないのです。

中途半端に、


  ■ ま、こんなモンで良いんじゃないの~♪


ってレベルで取り組んでいたら、どんな結果になっても、そりゃ涙なんて出て
来ませんよ。
そんな姿勢で働いているから、やりがいも感じないのですわ。
それなら、1000点20円の賭け麻雀で負けて悔しがる方が、よっぽどその人の人
生にはプラスだと思いますよ。


結局、どれだけ真剣に生きたかというのは、


  ● どれだけ悔し涙を流したか


とほとんど同義語なのですから。




◆ 編集後記代わりの、「今日見つけたちょっとしたサイト」◆◇
購入については自己責任でお願いします。


有利な離婚!平均の2倍の養育費を受け取る方法!

http://www.infotop.jp/click.php?aid=155448&iid=30262



こう言う情報には困ったものです。

確かに生きていくことイコール、お金を使うことに他ならないのですから、離
婚が頭をよぎった瞬間に、お金の事を考えるのも理解は出来ます。

でもさぁ~・・・

そもそも、こう言う情報をお金を出して買おうという根性が、「さもしい」と
思うのですよ。
これなら、自分一人でどうにかして生計を立てる手段を考える人の方が、はる
かに人間としての出来が良いと思うんですよねぇ。

夫婦間のことは、当事者以外には理解出来ませんし、他人が口を挟むことでは
無いという事を承知の上で、あえて言いますが、


  ● 離婚とお金をヒモづける生き方は寂しい


のであり、将来のその人の潜在意識の働きにネガティブな影響を及ぼすと思う
のです。


◎◎◎  このメールマガジンの転送・友人へのご紹介は大歓迎です。◎◎◎


┗┗┗┗┗ また、本メールマガジンの内容は著作権により保護されている事
┗┗┗┗  をご理解ください。
┗┗┗   全文転用については、許可をしていますが、出典が佐藤しょ~お
┗┗     んのメールマガジンである事を明記して下さい。また、文章の部
┗      分的引用、抜粋はお断りしております。



Copyright (c) Showon Office & Showon Sato All Rights Reserved.
  
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
メールマガジン「サラリーマンで年収1000万円を目指せ」
☆発行責任者:佐藤正遠(さとうしょ~おん)
☆お問い合わせ:melma@bc.iij4u.or.jp
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信中止はこちら :http://www.mag2.com/m/0000258149.html





創刊号へ

前の号へひとつ前の回へ

次の回へ次の号へ


メールマガジン 第786号