ログイン | 新規登録

創刊号へ

前の号へひとつ前の回へ

次の回へ次の号へ


メールマガジン 第782号

■ ■ ■ 成長を目指す、若手サラリーマンの家庭教師 ■ ■ ■
    
■ ■ 「サラリーマンで年収1000万円を目指せ」 第782号 ■ ■
    
===================================================================== 
   
こんにちは、佐藤正遠(さとうしょ~おん)です。
      
このメールマガジンは、高卒、派遣社員、IT歴ほとんど無しという負け組から、
たったの6年で年収1000万を突破する勝ち組へとキャリアアップした、わたくし
佐藤正遠(さとうしょ~おん)が、その秘訣を余すところ無く伝える、「成長
を目指す若手サラリーマン」のためのメールマガジンです。
    
内容により、一つのテーマを、複数回にまたがってお知らせする事があります。
その場合には、適宜バックナンバーをご参照下さいませ。
http://archive.mag2.com/0000258149/index.html
  
このメールマガジンの内容を、より深いレベルで理解するために、「良書リス
ト」というモノを希望される方には無料で配布しております。このメールマガ
ジンの返信でリクエストして下さい。
このリストには、「人生死ぬまでには読まなきゃダメ」という本が、63タイト
ル合計で87冊リストアップされています。
過去このリストを受け取った方からは、「メチャメチャ面白い本がたくさんあ
りました!」と言うコメントをたくさん頂いているモノですので、是非リクエ
スト下さい。
(メールのやりとりの過程で入手するアドレスについては、良書リストの送付
にのみ使い、それ以外のマーケティング活動や営業活動には使用しません。)
   
=====================================================================

◆ 今日の前フリ ◆◇


普天間問題、大変です。

出来るかどうかも分からないのに、選挙で安請け合いをしちゃったツケが回っ
てきているとしか思えません。

でも、その前に、


  ● アメリカ軍が日本の国防を担っている


という厳然たる事実に、誰も言及せず、


  ● 今後の国防問題をどうすべきか?


という根本的な問題に対する議論もせずに、ババ抜きのように、


  ■ (他県なら良いけど)自分の県だけはイヤ


って言うのは、正しい議論だとは思えません。

井沢元彦氏の言うように、日本は歴史的に武人を穢れた人と考えていて、軍隊
や警察といった問題から、ひたすら目を背け続けて来たのですね。

そのあたりのテーマについて知りたい人は、


逆説の日本史〈4〉中世鳴動編―ケガレ思想と差別の謎

http://www.amazon.co.jp/dp/4094020047/ref=nosim/?tag=jiateng4-22


がお奨めです。



☆ ボランティアとは言うな

ここ最近、私がビジネスの場で最も忌み嫌っている単語、それは、


  ■ ボランティア


なのです。

なんのこっちゃわからんて?

ボランティアを、英語としての意味は、「自発的に申し出る」とか、「自ら買
って出る」という事で、これだけを聞けばとてもポジティブな内容ですよね。



と、こ、ろ、が、外資系でこの単語を聞いたら要注意!

何度、この単語に騙された事か・・・(泣)

何でかと言うと、この意味の裏側には、


  ■ (本当は俺の仕事じゃないけど)ボランティアでやってるんだよね


という、カッコで括ったマインドが入っているのですよ。

そして、このマインドが入るとどうなるのかというと、


  ▼ (ボランティアだから)いつ止めても文句を言われる筋合いじゃない


  ▼ (ボランティアだから)品質に対して文句を言われる筋合いじゃない


  ▼ (ボランティアだから)責任など負う必要は無い


という事になるのですよ!!


そのくせ、何か良い成果が出ると、


  ■ それ俺がボランティアで絡んだんだよね<(`^´)>エッヘン。


って感じで成果の横取りが始まるのですよ。

つまりこの単語は、責任を負いたくない人にとっては魔法のような言葉で、都
合の悪い部分には目を背け、成果だけはちゃっかりと頂ける美味しい概念なの
です。


個人的には、ボランティアと言えど、つまり、「明確なる自分の職務範囲では
なくとも」一旦手を付けたのなら、


  ● 何が何でも責任を持ってやり遂げる


というのが仕事のあり方だと思っていて、だからこそ、


  ■ だってボランティアでやってるんだから、仕方ないよ~


なんて言い訳を聞いたら、


  ■ だったらお前はやらんで良い。二度と手を出すな!


と言いたくなるわけですね。

良く考えたら外人(特にアメリカ人)ってのは、やたらボランティアをやるク
セに、


  ■ 自分にメリットがないと分かった瞬間、サクッと手を引く


のですよ。

こっちから見たら、適当に食い散らかすだけで、後始末も面倒になるので、本
当にやる気がないのなら最初から絡まないで欲しいのですが、


  ● ボランティアでやってあげる~


と言われたら、一瞬思考停止をしてしまっていたんですね。

それがようやく、彼らの言うボランティアの本性が分かったので、最近は、


  ● ボランティアならやらんで良い。やるのならたとえボランティアでも
    責任を持て。


と言えるようになりました。

でも、こんな気持ちが同じレベルで共有出来ないところが、なかなか困ったと
ころでもあるんですよね。


◆ 編集後記代わりの、「今日見つけたちょっとしたサイト」◆◇
購入については自己責任でお願いします。


ペン字,ボールペン字スピード上達!伝統山下流

http://www.infotop.jp/click.php?aid=155448&iid=32950



最近はようやく、人の前で字を書いても恥ずかしくないレベルに、「悪筆」が
治ってきたのですが、以前は自分で書いたノートでさえ、後から見直したら、



  ■ なんて書いたのか全然読めませ~ん(泣)


ってくらい、字は下手クソでした。

今でもそうなんですが、字が上手い人を見ると、惚れ惚れとするんですね。

最近は、会社でもホワイトボードを使って、みんなの前で書きながら議論をす
るってのが普通になっていますよね。

そんな時に、ミミズがのたくったような字を書く人よりも、キレイな字を書く
人の方が好感を持たれるというのは真実だと思います。


悪筆もまた個性なり、なんてイキがっていられたのも、ポジションが低い頃の
話で、ある程度の肩書きをもらうようになってからは、下手は下手なりに、


  ● チャンと読めるように、気を遣って丁寧に書く


ようになりました。

私はご存じのようにセミナーオタクでもあるのですが、今までで最も悪筆だっ
た講師と言えば、2度もIPO(株式公開)をやってしまった、○○氏です。(←
とても名前は書けません)

ご本人も、「私は字が下手なんですよ」っておっしゃっているのですが、その
下手さ加減は普通じゃありません。今時、小学生だってもう少しまともな字を
書くよ、ってくらいの悪筆で、判読率30%くらいしか無いのです。

その分、セミナーでは、一生懸命話を聞いて、聞き取ったことをノートに書く
ようにしました。


って、単にセミナーに集中させるために、ワザと悪筆で書いている?


う~ん、その手は使えるかも。私も次回のセミナーでは試してみます(笑)



◎◎◎  このメールマガジンの転送・友人へのご紹介は大歓迎です。◎◎◎


┗┗┗┗┗ また、本メールマガジンの内容は著作権により保護されている事
┗┗┗┗  をご理解ください。
┗┗┗   全文転用については、許可をしていますが、出典が佐藤しょ~お
┗┗     んのメールマガジンである事を明記して下さい。また、文章の部
┗      分的引用、抜粋はお断りしております。



Copyright (c) Showon Office & Showon Sato All Rights Reserved.
  
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
メールマガジン「サラリーマンで年収1000万円を目指せ」
☆発行責任者:佐藤正遠(さとうしょ~おん)
☆お問い合わせ:melma@bc.iij4u.or.jp
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信中止はこちら :http://www.mag2.com/m/0000258149.html




創刊号へ

前の号へひとつ前の回へ

次の回へ次の号へ


メールマガジン 第782号